「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売

2009.11.12 自動車ニュース

「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売

フォード・ジャパン・リミテッドは、一新された「マスタング」を日本に導入。2009年11月11日に発売した。

フォードのスペシャルティカー「マスタング」が生まれ変わった。といっても、今回のモデルチェンジは、いわゆるビッグマイナーチェンジ。エンジンやシャシーなど基本骨格はそのままに、内外装が大きくお色直しされた。

エクステリアは、ルーフパネル以外の全てを変更。各部のエッジやキャラクターラインを際立たせ、全体的により筋肉質なデザインとされた。
特にフロントまわりは、全車がHIDのヘッドランプを採用。V6とV8、2種類あるエンジンの違いにあわせ、フロントバンパーやグリルの形状を変更。グレード間での差別化が図られた。

インテリアも、エアコンの噴出し口やシフトレバーをはじめ、デザインが手直しされた。左右対称のインストゥルメントパネルや1967年型マスタングをモチーフとした3本スポークのステアリングなどで“らしさ”にはこだわったという。

エンジンは、V6(213ps/5300rpm、33.1kgm/3500rpm)とV8(319ps/6000rpm、44.9kgm/4250rpm)の2種類で、後者は吸気温度を下げる新システムの採用により15psのパワーアップが図られた。組み合わされるトランスミッションは、どちらも5段ATのみ。トラクションコントロール、ABS、ESCを統合制御する車両安定装置「アドバンストラック」の装備もセリングポイントだ。

ボディタイプは、2種類のエンジンごとに、クローズドの「クーペ」とオープンの「コンバーチブル」がそれぞれ用意される。

価格は、以下のとおり。

・V6 クーペ プレミアム:410.0万円
・V6 コンバーチブル プレミアム:480.0万円
・V8 GT クーペ プレミアム:480.0万円
・V8 GT コンバーチブル プレミアム:550.0万円

(webCG 関)

新型「フォード・マスタング」
新型「フォード・マスタング」
こちらはクローズドボディの「クーペ」。(写真は全て北米モデル)
こちらはクローズドボディの「クーペ」。(写真は全て北米モデル)
 
「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売の画像
 
「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る