「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売

2009.11.12 自動車ニュース

「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売

フォード・ジャパン・リミテッドは、一新された「マスタング」を日本に導入。2009年11月11日に発売した。

フォードのスペシャルティカー「マスタング」が生まれ変わった。といっても、今回のモデルチェンジは、いわゆるビッグマイナーチェンジ。エンジンやシャシーなど基本骨格はそのままに、内外装が大きくお色直しされた。

エクステリアは、ルーフパネル以外の全てを変更。各部のエッジやキャラクターラインを際立たせ、全体的により筋肉質なデザインとされた。
特にフロントまわりは、全車がHIDのヘッドランプを採用。V6とV8、2種類あるエンジンの違いにあわせ、フロントバンパーやグリルの形状を変更。グレード間での差別化が図られた。

インテリアも、エアコンの噴出し口やシフトレバーをはじめ、デザインが手直しされた。左右対称のインストゥルメントパネルや1967年型マスタングをモチーフとした3本スポークのステアリングなどで“らしさ”にはこだわったという。

エンジンは、V6(213ps/5300rpm、33.1kgm/3500rpm)とV8(319ps/6000rpm、44.9kgm/4250rpm)の2種類で、後者は吸気温度を下げる新システムの採用により15psのパワーアップが図られた。組み合わされるトランスミッションは、どちらも5段ATのみ。トラクションコントロール、ABS、ESCを統合制御する車両安定装置「アドバンストラック」の装備もセリングポイントだ。

ボディタイプは、2種類のエンジンごとに、クローズドの「クーペ」とオープンの「コンバーチブル」がそれぞれ用意される。

価格は、以下のとおり。

・V6 クーペ プレミアム:410.0万円
・V6 コンバーチブル プレミアム:480.0万円
・V8 GT クーペ プレミアム:480.0万円
・V8 GT コンバーチブル プレミアム:550.0万円

(webCG 関)

新型「フォード・マスタング」
新型「フォード・マスタング」
こちらはクローズドボディの「クーペ」。(写真は全て北米モデル)
こちらはクローズドボディの「クーペ」。(写真は全て北米モデル)
 
「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売の画像
 
「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「谷口信輝の新車試乗」――特別提言:スポーツカーの火を消さないために(前編) 2017.1.12 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は試乗をお休みして、谷口が自伝を交えながらスポーツカーに対する思いを語る。題して「スポーツカーの火を消さないために」。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る