「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売

2009.11.12 自動車ニュース

「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売

フォード・ジャパン・リミテッドは、一新された「マスタング」を日本に導入。2009年11月11日に発売した。

フォードのスペシャルティカー「マスタング」が生まれ変わった。といっても、今回のモデルチェンジは、いわゆるビッグマイナーチェンジ。エンジンやシャシーなど基本骨格はそのままに、内外装が大きくお色直しされた。

エクステリアは、ルーフパネル以外の全てを変更。各部のエッジやキャラクターラインを際立たせ、全体的により筋肉質なデザインとされた。
特にフロントまわりは、全車がHIDのヘッドランプを採用。V6とV8、2種類あるエンジンの違いにあわせ、フロントバンパーやグリルの形状を変更。グレード間での差別化が図られた。

インテリアも、エアコンの噴出し口やシフトレバーをはじめ、デザインが手直しされた。左右対称のインストゥルメントパネルや1967年型マスタングをモチーフとした3本スポークのステアリングなどで“らしさ”にはこだわったという。

エンジンは、V6(213ps/5300rpm、33.1kgm/3500rpm)とV8(319ps/6000rpm、44.9kgm/4250rpm)の2種類で、後者は吸気温度を下げる新システムの採用により15psのパワーアップが図られた。組み合わされるトランスミッションは、どちらも5段ATのみ。トラクションコントロール、ABS、ESCを統合制御する車両安定装置「アドバンストラック」の装備もセリングポイントだ。

ボディタイプは、2種類のエンジンごとに、クローズドの「クーペ」とオープンの「コンバーチブル」がそれぞれ用意される。

価格は、以下のとおり。

・V6 クーペ プレミアム:410.0万円
・V6 コンバーチブル プレミアム:480.0万円
・V8 GT クーペ プレミアム:480.0万円
・V8 GT コンバーチブル プレミアム:550.0万円

(webCG 関)

新型「フォード・マスタング」
「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売
こちらはクローズドボディの「クーペ」。(写真は全て北米モデル)
「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売
 
「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売
 
「フォード・マスタング」、マッチョになって新発売

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「水野和敏的視点」 vol.106 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(前編) 2015.6.26 mobileCG 外観はレトロ、でも中身は最新。水野和敏氏は新型「マスタング」をこう見る。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • シボレー・カマロNEW 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る