クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4740×1775×1660mm/ホイールベース=2750mm/車重=1590kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4 DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.5kgm/3200rpm)/価格=231万円(テスト車=303万4500円/カメリアレッドパール(有料塗装色)=3万1500円/パノラミックガラスルーフ+リヤビューカメラ付音声認識HDDナビゲーションシステム+SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ=69万3000円)

スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)【試乗記】

エクシーガよ、どこを目指す? 2009.11.12 試乗記 スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)
……303万4500円

「レガシィ」の血を引く、スバルの7シーターモデル「エクシーガ」が小変更を受けた。新開発のCVTを搭載する、2リッターNAモデルの走りを試す。

CVTの悪癖が目立つ

デビューからもうじき1年半となる「エクシーガ」は最近、今まで以上に「レガシィ」の血縁であることを強くアピールしている。単なる7シーターではなく、スバルらしく走りを重視していることを謳いたいのだろう。もっともレガシィがモデルチェンジでデザインも走りもテイストを大きく変えてしまっただけに、一見して共通のDNAを感じ取るのはむしろ難しくなったとさえ言えるかもしれない。しかし現金なもので、レガシィよりクリーンなそのデザインが、今になって案外悪くなく見えてきた感は正直言ってある。

そんなエクシーガに、レガシィに続いて新開発のCVT「リニアトロニック」が搭載された。採用されたのは、水平対向2リッター自然吸気(NA)エンジンを搭載した「2.0i-L」「2.0i-S」の2モデル。以前の4段ATからの置き換えである。それに伴って、エンジンの最高出力が148psから150psへと増大しているが、基本的には同じものと見ていいだろう。ちなみにレガシィでは、CVTは2.5リッターNAエンジンとの組み合わせである。

では、それで走りはどう変わったか? 結論から言えば、残念ながら個人的にはあまり満足のいく仕上がりとは思えなかった。

まず発進して徐々に加速していく時には、CVT特有の悪癖であるエンジン回転が先行する感じが強い。欲しいだけのレスポンスが得られないから、感覚としては常に加速以上にアクセルを踏み込んでいるよう。実際の加速以上にもどかしく感じられてしまう。
さらに加速をという時にも、やはり軽く踏み込んでも即座に反応してくれないから、ついつい多めにドンッと踏み、速度が乗ってきたらアクセルをパカッと離して、みたいな運転になりがちだ。しかもアクセルを離しても加速感がまだ残っているから速度コントロールもしにくい。こんな具合で繊細に運転しても応えてくれないと、そのうち適当な運転になってしまう。

コーナーでは楽しめるが……

たしかにドライバーの意思に関係無くエンジンの美味しいところを使おうとするから、効率は悪くないのだろう。実際、今回も燃費はリッター当たり10km近辺を上下していて、サイズを考えれば上々と言えるとは思う。しかし走りの気持ち良さという面では響くところは薄い。せっかく心地良い吹け上がりをもつボクサーユニットなのに、回転をひとりで上下させようとしてウーウー唸っているだけである。

そもそもCVTは、特に効率性を高めようとすればするほど、レスポンスの面では人間の感性とかけ離れていきがちだ。残念ながらその悪癖が、このエクシーガではモロに出ている。せめて低速トルクのある2.5リッターなら、ドライバビリティは随分良くなっていただろうし、燃費だってきっとそうだったはずだ。

乗り心地は、とても当たりが柔らかい。しかし高速道路をそれなりのペースで走っていると、グラッとした動きで特にボディ後半部の重心の高さが感じられて、直進時でも強い風に煽られると進路が乱れがちだ。もう少しビシッと走ってくれたほうが、快適に感じられるのではないだろうか? 運転席だけの話ではない。こういう動きは席が後ろになるほど大きくなるものである。

それでもコーナーでは、一旦曲がり始めてしまえば、安定した姿勢で気持ち良く駆け抜けることができる。このあたりはまさにDNAのなせるワザ。操舵初期のヨッコイショという動きにさえ慣れれば、ワインディングロードでも結構楽しむことができるのだ。


スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)【試乗記】の画像 拡大
2列目シート。左右独立して前後にスライドが可能。
2列目シート。左右独立して前後にスライドが可能。 拡大
3列目シート。
3列目シート。 拡大

スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)【短評】

もっと自身に自信を

このクルマの目指した境地は一体どこだったのだろうか? それこそレガシィにも通じる味わいを期待すると、緩慢なレスポンス、歯切れの良くないフットワークに裏切られる。別にCVTだからダメだと言うつもりはない。世の中には、CVTでも良くできたクルマはある。アシを硬くしろと言っているわけでもない。しかし現状は、せっかくのスバルらしい走りのDNAを生かし切れていないと思わざるを得ない。

水平対向エンジンやシンメトリカルAWDなど、メカニズムについては一本筋の通ったところを見せるスバルだが、デザインや走りのテイスト等々の部分は、どうも統一感に乏しいというのが正直なところである。スバルは自らのブランドの価値、揺らいではいけないものはなにかということを、再度見直すべきなのでは?

クリックするとシートアレンジによる荷室の変化が見られます。
スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)【短評】

ついレガシィを引き合いに出してしまうのは、自身の魅力、本当の持ち味を自分でわかっていないからだ。見たいのは、もっと自らの素性を生かした、そして自信に満ちあふれたエクシーガである。進化に期待したい。

(文=島下泰久/写真=高橋信宏)

あなたにおすすめの記事