【スペック】全長×全幅×全高=4740×1775×1660mm/ホイールベース=2750mm/車重=1590kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4 DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.5kgm/3200rpm)/価格=231万円(テスト車=303万4500円/カメリアレッドパール(有料塗装色)=3万1500円/パノラミックガラスルーフ+リヤビューカメラ付音声認識HDDナビゲーションシステム+SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ=69万3000円)

スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)【試乗記】

エクシーガよ、どこを目指す? 2009.11.12 試乗記 スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)
……303万4500円

「レガシィ」の血を引く、スバルの7シーターモデル「エクシーガ」が小変更を受けた。新開発のCVTを搭載する、2リッターNAモデルの走りを試す。

CVTの悪癖が目立つ

デビューからもうじき1年半となる「エクシーガ」は最近、今まで以上に「レガシィ」の血縁であることを強くアピールしている。単なる7シーターではなく、スバルらしく走りを重視していることを謳いたいのだろう。もっともレガシィがモデルチェンジでデザインも走りもテイストを大きく変えてしまっただけに、一見して共通のDNAを感じ取るのはむしろ難しくなったとさえ言えるかもしれない。しかし現金なもので、レガシィよりクリーンなそのデザインが、今になって案外悪くなく見えてきた感は正直言ってある。

そんなエクシーガに、レガシィに続いて新開発のCVT「リニアトロニック」が搭載された。採用されたのは、水平対向2リッター自然吸気(NA)エンジンを搭載した「2.0i-L」「2.0i-S」の2モデル。以前の4段ATからの置き換えである。それに伴って、エンジンの最高出力が148psから150psへと増大しているが、基本的には同じものと見ていいだろう。ちなみにレガシィでは、CVTは2.5リッターNAエンジンとの組み合わせである。

では、それで走りはどう変わったか? 結論から言えば、残念ながら個人的にはあまり満足のいく仕上がりとは思えなかった。

まず発進して徐々に加速していく時には、CVT特有の悪癖であるエンジン回転が先行する感じが強い。欲しいだけのレスポンスが得られないから、感覚としては常に加速以上にアクセルを踏み込んでいるよう。実際の加速以上にもどかしく感じられてしまう。
さらに加速をという時にも、やはり軽く踏み込んでも即座に反応してくれないから、ついつい多めにドンッと踏み、速度が乗ってきたらアクセルをパカッと離して、みたいな運転になりがちだ。しかもアクセルを離しても加速感がまだ残っているから速度コントロールもしにくい。こんな具合で繊細に運転しても応えてくれないと、そのうち適当な運転になってしまう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクシーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)【試乗記】 2009.11.12 試乗記 スバル・エクシーガ2.0i-L(4WD/CVT)
    ……303万4500円

    「レガシィ」の血を引く、スバルの7シーターモデル「エクシーガ」が小変更を受けた。新開発のCVTを搭載する、2リッターNAモデルの走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スバル・エクシーガ2.0i(FF/CVT)【試乗記】 2010.10.6 試乗記 スバル・エクシーガ2.0i(FF/CVT)
    ……199万5000円

    マイチェンで装備が充実した一番安い「エクシーガ」は、家族みんなが納得のクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る