ポルシェ、第3のボクスター「スパイダー」を発売

2009.11.11 自動車ニュース

ポルシェ、第3のボクスター「スパイダー」を発売

ポルシェ ジャパンは2009年11月7日、12月のロサンゼルスショーでデビュー予定のニューモデル、「ボクスター スパイダー」の受注を開始した。

■ボクスターシリーズの最上位モデル

「ボクスター スパイダー」は、「ボクスター」、「ボクスターS」に続く第3のモデルとして、2010年2月にヨーロッパから順次販売がスタートするニューカマーだ。スパイダーは、既存のボクスターシリーズとデザインの差別化が図られ、パワーはシリーズ最強。さらに車重も1275kgと現行ポルシェ車の中でもっとも軽く仕上げられるなど、特別感を漂わせるモデルとなっている。

外観のハイライトは、エンジン部分をカバーするリアの二つの大きな降起。ここがボクスター/ボクスターSともっとも異なる部分で、「カレラGT」と見紛うばかりの迫力あるリアビューを構築している。

ボクスター スパイダーはその名のとおり、オープン状態で走ることを前提に設計されている。そのためソフトトップは、陽光や雨、風を遮ることだけに特化した軽量設計になっているとのこと。

エンジンは、ダイレクト・フューエル・インジェクション採用の3.4リッターフラット6を搭載する。最高出力はボクスターSを10ps上回る、320psを発生。トランスミッションは6段MTと7段PDKが選択できる。PDK仕様の燃費(欧州NEDCモード)は、10.8km/リッター。オープンにした状態での最高速は、267km/hと公表される。

日本導入モデルは、左ハンドルのみ。価格は、6段MTが866.0万円、7段PDKは913.0万円。

(webCG 曽宮)

ボクスター スパイダー
ボクスター スパイダー
ポルシェ、第3のボクスター「スパイダー」を発売の画像
ポルシェ、第3のボクスター「スパイダー」を発売の画像
ポルシェ、第3のボクスター「スパイダー」を発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る