第398回:久々、「ゴルフ」&「ゴルフGTI」に乗って一句……『ワーゲン味とは、肉の味と言うべきかな』

2009.11.11 エッセイ

第398回:久々、「ゴルフ」&「ゴルフGTI」に乗って一句……『ワーゲン味とは、肉の味と言うべきかな』

クルマのすべてに旨味が

最近、ひょんなことからフォルクスワーゲン(VW)車乗りまくり状態が続きました。最初はちょっと懐かしい「パサートCC」、お次に「ポロ」を……と思ったんだけど、人気があってタイミングがあわず、デビューしてしばらく経つ「ゴルフ」のコンフォートラインとスポーツバージョンのGTIに連続で乗りました。すると、不肖小沢の頭に勝手に一句、浮かんで来てしまったんですな。それは……

『ワーゲン味とは、肉の味と言うべきかな』

いやー、毎日乗ると走りの良さ、味の良さがジーンと身体に染みてくるんですよ。中でも新型ゴルフ、メチャクチャいいです。毎日、毎朝、クルマに乗るのが楽しくなる。パワー的にはコンフォートラインの1.4リッターターボでわずか(?)122ps、GTIの2リッターターボは211psでなかなかとはいえ、クラストップってわけでもない。それなのに、いったいなにがいいのか?
ボディも剛性感たっぷりとはいえ、アルミが使われてるわけでもカーボンが使われてるわけでもない。極々オーソドックスな鉄ボディです。でも、いい。クセの無い味ながらもシミジミと滋味が伝わってきます。

で、「ハッ」と気づいたわけですよ。たとえるならこれは「肉」の味、そう「ミート」の味だと! それは運転がドライバーにもたらす、噛み応えのある反応に他ならない。そのしっかり感、中身の詰まった感じ、決してカサカサではない、カタチだけのどこかのクルマとは違い、ステアリングからエンジンからブレーキからボディまで旨味が詰まっているんです!

特にステアリングフィール、最高ですわ。しかもこの点に関してはコンフォートラインもGTIも全く同じ。むしろ街中のスッキリ感では、コンフォートラインのほうが上と言ってもいいくらい。
というか、これだけとるともっと高いポルシェやメルセデスにも匹敵する濃厚かつ雑味のない味わい。いわば上質なTボーンステーキの手応えなんですな。

具体的には、特にクルマの止まり際がたまりませんですよ。スピードにして5km/hか10km/h、止まるか止まらないかといった速度域でも自然なタイヤからのフィードバックがある。「トレッドが、おお、ゆっくりと路面を触っておる!!」そんな感じが伝わってくるわけです。今どきこんな感じ、ノンパワステのクルマでもない限り味わえないんじゃなかろか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』