クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4250×1845×1325mm/ホイールベース=2550mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/3.7リッターV型6気筒DOHC24バルブ(336ps/7000rpm、37.2kgm/5200rpm)/価格=509万2500円(テスト車=577万7650円/カーウイングスナビゲーションシステム+ETCユニット=33万9150円/特別塗装色プレミアムルマンブルー=13万6000円/19インチレイズ製アルミ鋳造ホイール=21万円)

日産フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)【試乗速報】

さよならヤンキー 2009.11.11 試乗記 日産フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
……577万7650円

新型「Z」のデビューから10カ月、新たに追加されたオープンバージョンの乗り心地と走りやいかに? 最上級の「バージョンST」で試した。

名が体を表す

10月にデビューした「日産フェアレディZロードスター」と公道上で初対面、浮かんだ言葉は「見返り美人」と「バックシャン」だ。それくらい、後ろ姿がステキ。まずは幌をかけた状態で眺めたけれど、佇まいが上品だ。個人的には、屋根開きのクルマはソフトトップに限ると思う。リトラクタブルのハードトップはどうも趣に欠ける。

クーペ版「フェアレディZ」のお尻がツルンとしていて固そうだったのに対して、ふくよかなロードスターのお尻はやわらかそう。ちょっと触ってみたくなる。電車の中でそういうことをすると一生を棒に振るけれど、クルマのお尻は撫でても平気だ。実際に触ってみると、ボリューム感のある曲面にワックスをかけたくなった。個人的に、「後ろ姿・オブ・ザ・イヤー」を進呈したい。そんなのもらっても嬉しくないでしょうが。

今の時代、やわらかくてやさしい造形を“女性的”と表現するのはちょっと遅れた感じがする。けれど、このクルマの外観を女性的と表現するのは許されるのではないか。なぜって、名前が「フェアレディ」だから。新型「フェアレディZロードスター」は、名が体を表している。

乗り込んで、早速屋根を開けてみる。センターコンソールのスイッチ操作で約20秒、フルオートマチックで幌が開く。手動でロックする必要がなくなったから、思いついた時に気軽に幌が開けられる。インテリジェントキーを持っていれば、外からでも幌の開閉は可能だ。「START STOP」ボタンを押してエンジンスタート、走らせるにつれ、このクルマが外観だけでなくトータルでやわらかな機械であると思えてきた。

 
日産フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)【試乗速報】の画像 拡大
先代Z33型は、屋根がないこと以外クーペとロードスターの造形はほとんど同じだった。けれども新型は、リアビューをかなり変えて両者の差別化を図っている。
先代Z33型は、屋根がないこと以外クーペとロードスターの造形はほとんど同じだった。けれども新型は、リアビューをかなり変えて両者の差別化を図っている。 拡大
3連メーターその他、インテリアの意匠はクーペと共通。ロードスターでも、シートの後ろにちょっとした荷物を置けるスペースがある。
3連メーターその他、インテリアの意匠はクーペと共通。ロードスターでも、シートの後ろにちょっとした荷物を置けるスペースがある。 拡大

「なにも引かない」乗り味

まず、デビュー直後に試乗したクーペよりも乗り心地がしっとりしている。試乗したのは最上級版「バージョンST」の7段AT仕様。オプションの19インチホイールに前245/40R19、後275/35R19というポテンザRE050(ちなみに標準は前225/50R18、後245/45R18)を履いていて、試乗前はキツい乗り心地を覚悟した。実際、乗り心地はかたいのだけれど、スポーツカーとしては好ましいしっかり感だ。

クーペ版も乗り心地はよかったけれど、路面から伝わるザラザラした雑味がなくなった感じ。同グレード同士で比べるとロードスターはクーペより50〜60kgほど重くなっていて、その影響かもしれない。あるいはロードスターとクーペの違いではなく、生産開始から9カ月の間に多少の変更を受けている可能性がある。どちらにせよ、洗練された乗り心地が好ましいものであることは間違いない。

ロードスターの開発はクーペと並行して行われ、そのテーマは「クーペと同じ走行性能」だったそうだ。確かに、高速道路からちょっとしたワインディングロードまで、屋根が開いていることによるデメリットは感じられない。ボディがねじれる感じもなければ、ガタピシという低級音も聞こえない。短いホイールベースとワイドなトレッドから生まれる「クルックルッ」という軽快な身のこなしに、純粋にオープンエアの楽しさだけが加わった。まさに「なにも引かない」乗り味だ。

屋根を開けて高速道路を疾走しても快適な理由は、乗り心地のほか、必要以上に風を巻き込まない点にも見つけられる。シートの背後にあるちっぽけなウインドディフレクターが想像以上に機能しているようで、ちょうどいいあんばいで風を取り込んでくれる。空調システム内蔵のエアコンディショニングシートが頭寒足熱の環境を提供してくれるのも嬉しい。

試乗車には、1インチ大きな「19インチレイズ製アルミ鋳造ホイール」(オプション)が備わる。
試乗車には、1インチ大きな「19インチレイズ製アルミ鋳造ホイール」(オプション)が備わる。 拡大
 
日産フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)【試乗速報】の画像 拡大
ウィンドディフレクター。後方視界を遮らないように、透明な素材が用いられている。効果は絶大で、オープンで高速走行しても車内の平穏が保たれる。
ウィンドディフレクター。後方視界を遮らないように、透明な素材が用いられている。効果は絶大で、オープンで高速走行しても車内の平穏が保たれる。 拡大
9インチゴルフバッグならひとつ収納できる、新型「Zロードスター」の荷室。
9インチゴルフバッグならひとつ収納できる、新型「Zロードスター」の荷室。 拡大

7ATが弱点をかくす

デビュー直後は、自動的に回転を合わせてくれる「シンクロレブコントロール」が備わる6段MTにばかり注目してしまったけれど、トルコン式の7段ATも相当にいい。ドライバーの目線で見ると、バットマンのマークのように見えるパドルシフトは左がダウンで右がアップ。同業他車に比べるとパドルはかなり大きめで、見た目としてはカッコ悪いけれど、確実に操作できるのは確かだ。

変速は、スポーツカーとして十分に満足できるくらい素早いし、プレミアムカーとして納得できるくらいスムーズだ。ただし、5速→3速など、パドルを「パンパン」と2度引いて“1段飛ばし”のシフトダウンをするのはやや苦手の模様。一瞬つんのめるような動作を見せた後で、やや大きめのシフトショックを伝える。ま、MTを扱う時のように1段ずつシフトダウンすれば問題はない。

6MT仕様はシンクロレブコントロールのおかげもあって変速は素早かったけれど、シフトフィール自体はそれほど繊細ではなかった。ややゴリゴリした感触がある。7AT仕様で嬉しいのは、この弱点を感じないですむことだ。

それから、V6エンジンのパワーやレスポンスには文句なしだけれど、高回転域の目の粗いフィーリングが欧州のライバルに比べた時のウィークポイントだった。不思議なもので、MTだとギンギンにエンジンを回したくなるのにATだとそこまで引っ張る気にならない。4000rpmくらいの一番美味しいところを多用する運転スタイルになるから、結果としてエンジンのアラも目立たなくなった。シフトとエンジンの粗っぽさが目立たなくなったことも、7AT仕様の「フェアレディZロードスター」がやわらかい機械だと思えた理由だ。

運転席まわりの様子。本革巻きステアリングホイール&シフトノブに加え、ATモデルにはマグネシウム製シフトパドルが備わる。
運転席まわりの様子。本革巻きステアリングホイール&シフトノブに加え、ATモデルにはマグネシウム製シフトパドルが備わる。 拡大
VQ37VHR型3.7リッターV6エンジンはクーペと同じ。特に中速域での力強さとレスポンスが魅力のエンジン。
VQ37VHR型3.7リッターV6エンジンはクーペと同じ。特に中速域での力強さとレスポンスが魅力のエンジン。 拡大
初期の段階からクーペと並行して開発されていたフェアレディZロードスターは、クーペ版との機構的な大きな違いはない。外寸でいえば、全高が10mm高くなっている。また屋根の部分が担当していたボディ強度を保つために、主にドアから下の部分に補強を施した。これによって同グレードで比べると、クーペより50〜60kgほど車重が増えている。(前モデルでは約100kg増だった。)
初期の段階からクーペと並行して開発されていたフェアレディZロードスターは、クーペ版との機構的な大きな違いはない。外寸でいえば、全高が10mm高くなっている。また屋根の部分が担当していたボディ強度を保つために、主にドアから下の部分に補強を施した。これによって同グレードで比べると、クーペより50〜60kgほど車重が増えている。(前モデルでは約100kg増だった。) 拡大

これがZのイチオシ仕様

試乗した日は暑くもなく寒くもない日で、秋の青空が広がっている。オープンカーは本当に気持ちがよくて、乗り心地やエンジンのフィーリングに好印象を持ったのも“オープンの魔術”かもしれない。だれが言ったか知らないけれど、“オープンは七難隠す”とは、けだし名言だ。

ソリッドで硬派なクーペと、やさしくて軟派なロードスター、フェアレディZのふたつのバリエーションは、うまくすみ分けが図られている。個人的には、この7AT仕様のロードスターがフェアレディZのイチオシ仕様だ。

屋根を閉めると、幌の内張にきっちり加工が施され、骨組みが見えなくなっていることに気付く。細かいところまで配慮が行き届いていて、楠みちはるさんの漫画『シャコタン★ブギ』でアキラが乗っていたS30型のZ(Yanky Mate!のステッカー付き)とは大違い。
先代Z(Z33)によって、かつてこのクルマが持っていた “族車”や“ヤン車”といったイメージはかなり薄められた。そしてこの上品な新型「フェアレディZロードスター」の登場で、そういった土着カルチャーとの関係は完全に消えた。正直、ちょっと寂しい気もしますが。

(文=サトータケシ/写真=荒川正幸)

関連キーワード:
フェアレディZロードスター日産試乗記

あなたにおすすめの記事