無限が「シビック タイプR ユーロ」用パーツ発売

2009.11.10 自動車ニュース

無限が「シビック タイプR ユーロ」用パーツ発売

無限(M-TEC)は、「ホンダ・シビック タイプR ユーロ」用に各種チューニングパーツを開発。2009年11月5日に発売した。

2009年11月5日に日本デビューを果たした、“欧州版タイプR”こと「ホンダ・シビック タイプR ユーロ」。その発売と同時に、無限から専用のチューニングパーツがリリースされた。

開発コンセプトは「PREMIUM SUPER SPORTS(プレミアムスーパースポーツ)」。
大きく張り出した「フロントエアロバンパー」(11万3400円)や「リアウィング」(11万3400円)、エンジンルームの冷却を助けるダクト付き「エアロボンネット」(12万3900円)、「エアロフェンダー」(8万4000円)などが、エクステリアの主たるパーツだ。
機関では、全域でパワーとトルクをアップできるという「エキゾーストマニホールド」(26万400円)、「スポーツエキゾーストシステム」(19万4250円)など。足まわりには、専用セッティングを施したダンパーとスプリングのセットに加え、鍛造アルミホイールなども用意される。

ほか、クラッチやブレーキパッド、エンブレムといった小物類まで、お品書きは全40項目以上。「無限ならではの優れた機能とデザインを兼ね備え、無限が考える『タイプR ユーロ』を具現する」(プレスリリース)という。

さらに詳細な情報は、無限のオフィシャルサイトにて。

(webCG 関)

無限のパーツを組み込んだ「ホンダ・シビック タイプR ユーロ」。
無限のパーツを組み込んだ「ホンダ・シビック タイプR ユーロ」。
鍛造アルミホイール「GP」
鍛造アルミホイール「GP」
「エキゾーストマニホールド」
「エキゾーストマニホールド」

無限が「シビック タイプR ユーロ」用パーツ発売の画像

関連キーワード:
シビックホンダカーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • 復活したホンダのビッグネーム
    新型「シビック」に注目せよ!
    2017.11.24 デイリーコラム 2017年9月に発売された10代目「ホンダ・シビック」。ベテランなら誰もが知る車名だが、日本市場での販売はいったん途絶えており、久々の復活となる。そんな新型の存在意義について、鈴木ケンイチが語る。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る