無限が「シビック タイプR ユーロ」用パーツ発売

2009.11.10 自動車ニュース

無限が「シビック タイプR ユーロ」用パーツ発売

無限(M-TEC)は、「ホンダ・シビック タイプR ユーロ」用に各種チューニングパーツを開発。2009年11月5日に発売した。

2009年11月5日に日本デビューを果たした、“欧州版タイプR”こと「ホンダ・シビック タイプR ユーロ」。その発売と同時に、無限から専用のチューニングパーツがリリースされた。

開発コンセプトは「PREMIUM SUPER SPORTS(プレミアムスーパースポーツ)」。
大きく張り出した「フロントエアロバンパー」(11万3400円)や「リアウィング」(11万3400円)、エンジンルームの冷却を助けるダクト付き「エアロボンネット」(12万3900円)、「エアロフェンダー」(8万4000円)などが、エクステリアの主たるパーツだ。
機関では、全域でパワーとトルクをアップできるという「エキゾーストマニホールド」(26万400円)、「スポーツエキゾーストシステム」(19万4250円)など。足まわりには、専用セッティングを施したダンパーとスプリングのセットに加え、鍛造アルミホイールなども用意される。

ほか、クラッチやブレーキパッド、エンブレムといった小物類まで、お品書きは全40項目以上。「無限ならではの優れた機能とデザインを兼ね備え、無限が考える『タイプR ユーロ』を具現する」(プレスリリース)という。

さらに詳細な情報は、無限のオフィシャルサイトにて。

(webCG 関)

無限のパーツを組み込んだ「ホンダ・シビック タイプR ユーロ」。
無限のパーツを組み込んだ「ホンダ・シビック タイプR ユーロ」。
鍛造アルミホイール「GP」
鍛造アルミホイール「GP」
「エキゾーストマニホールド」
「エキゾーストマニホールド」

無限が「シビック タイプR ユーロ」用パーツ発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その12) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。ホンダブースの主役は「シビック タイプR」の量産型(欧州仕様)。EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」も展示された。
  • 【ジュネーブショー2017】ホンダ、新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年3月7日、ジュネーブモーターショーで新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開した。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る