クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3995×1685×1475mm/ホイールベース=2470mm/重量=1080kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(85ps/5000rpm、13.5kgm/3800rpm)/価格=203万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ポロ1.4コンフォートライン(FF/7AT)【試乗速報】

期待どおりの進化 2009.11.10 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロ1.4コンフォートライン(FF/7AT)
……203万円

ガラリとイメージを一新、シャープでスポーティなスタイルとなった「フォルクスワーゲン・ポロ」。走行性能や燃費の面でも大きく進化したという新型に試乗した。

ゴルフ・ミニ!?

まわりの反応を見るかぎり、関心の高さでは新型「ゴルフ」を上回るのではないかと思われる、新型「ポロ」。3代目(先々代)の前期型と後期型、そして、4代目(先代)の前期型を愛用した私としても、最新の5代目ポロには興味津々だった。そんな注目のモデルをついに試乗、その出来映えが確認できた。

試乗会場で待ち受けていたのは、“フラッシュレッド”と呼ばれる鮮やかなレッドがまぶしい「ポロ1.4コンフォートライン」。遠目には、新型ポロなのか新型ゴルフなのか言い当てるのが難しいくらい、よく似ている。横長のラジエターグリルにキリっとしたヘッドライトが、すっきりシャープな表情をつくりあげているのだ。もはやポロに“かわいい”はあてはまらない。

ドアを開けると、インテリアにも“ゴルフ・ミニ”化の波が押し寄せている。旧型ポロでは、センタークラスターが強調されたインストゥルメントパネルが、ゴルフとはまた違う雰囲気をつくりあげていた。一方、新型ポロでは、センタークラスラーが主張しないかわりに、シンプルなデザインと、ゴルフに引けを取らない質感を手に入れている。メーターも、ふたつのアナログメーターのあいだにあるディスプレイが情報を鮮明に表示し、インテリアの上質さを押し上げている。
黒を基調とした室内は、ダッシュボードやドアトリムに加飾パネルのたぐいがないこともあり、地味な印象は否めないが、私は悪くないと思う。それよりも、200万円を超える価格で、革巻きステアリングじゃないことのほうが気になってしまった。

新デザインのヘッドライトやブラックラジエターグリル、ハニカム形状のエアインレットなど、水平ラインを強調したフロントグリルでシャープな印象に。
新デザインのヘッドライトやブラックラジエターグリル、ハニカム形状のエアインレットなど、水平ラインを強調したフロントグリルでシャープな印象に。 拡大
メーターは、クロームベゼルで縁取られたホワイトイルミネーション。スイッチ類もクローム処理により質感が高められた。
メーターは、クロームベゼルで縁取られたホワイトイルミネーション。スイッチ類もクローム処理により質感が高められた。 拡大
フォルクスワーゲン・ポロ1.4コンフォートライン(FF/7AT)【試乗速報】の画像 拡大
注目の記事PR
  • 「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃!
    「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃! ダイソン
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
注目の記事一覧へ

パワーに不足はないものの……

さしあたり日本で販売されるのは、今回試乗したポロ1.4コンフォートラインの1グレード。2010年以降には「スポーツライン」「GTI」「クロスポロ」といったバリエーションが追加されるという。
この1.4コンフォートラインは、ポロ、そしてフォルクスワーゲンのエントリーグレードにあたるモデルで、エンジンは1.4リッター直列4気筒DOHCを採用。このエンジン、フォルクスワーゲンお得意のFSIではなく、従来同様ポート噴射を採用するが、最高出力は5ps増えて85ps。組み合わされるギアボックスは、6段ATからデュアルクラッチトランスミッションの7段DSGに改められ、17.0km/リッターの低燃費(10・15モード)を達成する。

さっそくフィット感の高いシートに収まり、発進の準備にとりかかる。ドアの取っ手上部に置かれたドアミラーのリモコンスイッチが、横を向いていて使いにくい。ステアリングはチルトとテレスコピックの調節が可能で、さらにシートのリフト調節などを駆使すると、自然なドライビングポジションが得られるのはうれしい点だ。

準備が整ったところで、試乗会場を後にする。発進は力強いとまではいかないが、不満のないレベル。1.4リッターの自然吸気エンジンは、2000rpm以下ではさすがに頼りないが、そこを過ぎれば、必要十分な加速を見せてくれる。アクセルペダルを踏みつけ回転を上げてやれば、3500rpmから5000rpmのあたりで、さらに活発さを増す。余裕こそないが、高速の合流や追い越しなどのシーンにも十分ついていける性能だ。
ただ、エンジンそのものにはややザラついた印象があり、また、低回転からトルク豊かなTSI(=直噴ターボ)に慣れてしまった身としては、すこし物足りないというのが正直な感想だ。7段DSGは、その動きにぎこちなさなどはないが、ゴルフに比べて遮音性が低いのか、変速時の動作音が耳につくことがあった。

新設計となったシートには、中央に「フォンジー」という立体加工のファブリックを採用。
新設計となったシートには、中央に「フォンジー」という立体加工のファブリックを採用。 拡大

フォルクスワーゲン・ポロ1.4コンフォートライン(FF/7AT)【試乗速報】の画像 拡大
フォルクスワーゲン・ポロ1.4コンフォートライン(FF/7AT)【試乗速報】の画像 拡大
ヘッドレスト形状が新しくなり、後方視界も改善された。
フォルクスワーゲン・ポロ1.4コンフォートライン(FF/7AT)【試乗速報】

しっとり、どっしりした走り

走りのレベルは相変わらず高い。旧型に比べて、ボディ剛性は明らかに高く、電動油圧パワーステアリングやサスペンションも、よりしっとりとした印象に変わっている。コンパクトなサイズにもかかわらず、どっしり落ち着いた乗り味は、さすがフォルクスワーゲンという部分で、高速の安定感にもさらに磨きがかかった。それでいて、ハンドリングには軽快さがあり、実にバランスよくしつけられた足まわりだ。気になる点といえば、185/60R15タイヤがソリッドな印象をもたらす反面、荒れた路面では多少ショックを伝えてくること。また、路面によっては軽くボディが上下に揺すられる(バウンシング)こともあったが、とくに不快というわけではない。

荷室容量は、先代より10リッター増の、280リッターへと拡大。ダブルフォールディングのリアシートはヘッドレストを取り外さずに倒すことが可能で、952リッターのフラットな荷室空間を得ることもできる。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
フォルクスワーゲン・ポロ1.4コンフォートライン(FF/7AT)【試乗速報】

今回の試乗会はいつもの箱根ではなく、横浜のみなとみらい地区で開催されたため、街なかを走るチャンスがあった。このポロ、路上駐車が多い場所をすり抜けたり、狭い場所に縦列駐車する場合に、コンパクトなボディが扱いやすく、あらためて魅力を認識した。ボディがコンパクトなぶん、大人が後席に陣取ると、あまり余裕が感じられないのだが、シングルや若いカップル、また、ファミリーでも子供が小さいうちなら、このサイズでも不満はないだろう。

注目の燃費については、試乗会というシチュエーションゆえ、きっちり計ることはできなかったが、トリップコンピューターを見るかぎり、高速道路中心の走行で17km/リッター前後、ストップ・アンド・ゴーが多い街なかでも11km/リッターくらい(いずれもエアコンはオン)を示していたから、実用燃費はなかなかのレベルである。

フォルクスワーゲン・ポロ1.4コンフォートライン(FF/7AT)【試乗速報】

ということで、期待どおりの進化を遂げた新型ポロ。その一方で、期待を超えるサプライズが見あたらないのが、個人的には不満なところ。それは、2010年中頃にも日本に上陸するという1.2リッターTSIエンジンに見いだせるのかもしれないけれど、とにもかくにも、この新型が、歴代のポロと同じように、誰に勧めても恨まれない(!?)クルマに仕上がっているのは確実のようだ。

(文=生方聡/写真=峰昌宏)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン試乗記

あなたにおすすめの記事