三菱、「デリカD:5」を一部改良&特別仕様車を設定

2009.11.09 自動車ニュース
デリカD:5 ROADEST Gプレミアム
三菱、「デリカD:5」を一部改良&特別仕様車を設定

三菱、「デリカD:5」を一部改良&特別仕様車を設定

三菱自動車は2009年11月5日、ミニバン「デリカD:5」の4WD車に一部改良を加えるとともに、特別仕様車「シャモニー」を設定し、11月11日より順次発売すると発表した。

■燃費と安全性が向上

今回の改良では、4WD車のエンジンやCVTの制御が見直され、10・15モード燃費が10.4km/リッターから11.2km/リッターに向上。これにより「エコカー減税」による自動車税と重量税の軽減率が、従来の50%から75%へと拡大した。

このほか、インテリアにハイコントラストメーター&カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイが採用され、「G(7人乗り)」グレードには本革シートがメーカーオプションとして設定された。また、「ROADEST」グレードには、黒調ヘアラインのセンターパネルに加え、エアコンコントロールダイヤルとドライブモードセレクトダイヤルにメッキリングが採用されるなど、質感向上が図られた。

さらに、坂道発進をサポートするヒルスタートアシストや、急減速時にハザードランプを通常の2倍の周期で点滅させ、後続車に緊急制動の危険を知らせるESS(緊急制動信号システム)を全車に採用。乗降時にポジションランプやヘッドライトを30秒間点灯させるウェルカムライト、カミングホームライト機能を「M」グレード以外のモデルに標準装備した。

デリカD:5 4WD車の価格は、266万7000円(M)から370万6500円(ROADEST Gプレミアム)。発売日は、2009年11月11日。

デリカD:5 シャモニー
デリカD:5 シャモニー

三菱、「デリカD:5」を一部改良&特別仕様車を設定の画像

■恒例の“冬仕様”が登場

特別仕様車「シャモニー」が設定されたのもニュース。毎年この時期に設定される恒例の冬モデルは、「G-Naviパッケージ」グレードをベースとし、メッキ処理を施したドアハンドルやウィンカー付電動格納式リモコンドアミラー、専用エンブレムなどにより外装が豪華に演出される。

インテリアは、ダークグレー内装や本木目&本革巻きステアリングホイール、木目調のインパネセレクターパネルやアッパーグローブボックスなどの装飾により、ぬくもり感を演出した。

さらに運転席・助手席シートヒーターやDVD内蔵後席9インチワイド液晶ディスプレイ、バンパー付近の障害物の存在を室内アラーム音で警告するコーナーセンサーが装備される。

価格は、345万9750円。発売日は、2009年11月20日。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
デリカD:5三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(後編)【試乗記】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る