日産「GT-R」が足まわりや装備を変更

2009.11.09 自動車ニュース
「日産GT-R」
日産「GT-R」が足まわりや装備を変更

日産「GT-R」が足まわりや装備を変更

日産自動車は、ハイパフォーマンスモデル「GT-R」の装備および足まわりなどを一部変更し、2009年12月7日に発売する。

「日産GT-R SpecV」
日産「GT-R」が足まわりや装備を変更

装備面では、4ダイバーシティアンテナを採用した地デジチューナー内蔵のHDDカーウイングスナビゲーションシステムを採用。USBポートを備えることで、iPodなどと接続が可能になった。
またニスモより別途発売予定のデータロガーキットをインストールすることで、USB経由でドライビングデータのダウンロードが可能に。PCで自分のドライビングを解析することもできるようになる。

さらに、足まわりなどにも手が加えられた。フロントサスペンションのダンパーとスプリングを変更することで、上質な乗り心地を実現。リアサスペンションのブッシュ剛性を高めて、接地感をよりダイレクトなものにしたという。
「SpecV」ではリアダンパーの特性を変更。結果、しなやかな乗り心地とフラットライドなハンドリングを実現したと謳われる。同時に標準装着タイヤをダンロップ製とし、ブリヂストン製はオプション扱いとされた。

そのほか、従来は「SpecV」のみの装備である冷却ダクト付きのリアディフューザーを全グレードに採用。また、エグゾーストパイプに備わる触媒の通気抵抗を少なくすることで、低中回転でのエンジンレスポンスの向上を図るなど、変更が加えられた。

今回の変更による値上げはなく、価格は標準車の861.0万円からSpecVの1575.0万円まで。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る