第116回:「ヨン様人形」に、日本の未来を考えた!

2009.11.07 エッセイ

第116回:「ヨン様人形」に、日本の未来を考えた!

アニメ・冬のソナタ展

先日、東京出張の折、銀座を歩いていると松坂屋に差し掛かった。銀座好きのボクであるが、正直なところ幼少期以来訪れた回数が最も少ないデパートである。だが、そこにあったイベント告知に目が止まった。ずばり、「アニメ『冬のソナタ』展」だ。

オリジナル「冬のソナタ」といえば、主演の「ヨン様」こと、ペ・ヨンジュンである。ヨン様は遡ること4年前の2005年に、日本で「ヒュンダイ・ソナタ」のコマーシャルに出演して話題を呼んだ。
「冬のソナタ」に「ヒュンダイ・ソナタ」という、「もっと早く気がつけよ」的組み合わせであった。まあ、日本におけるヒュンダイの売れ行きが限られている手前、高額の出演料を出すのに、それなりの勇気が必要だったに違いない。

意地悪なボクは当時、「あれ、ヨン様は以前、ダイハツでイメキャラやってなかったっけ?」などと思ったもの。ヒュンダイのディーラーには、そのブランドをまったく知らなかったであろうヨン様ファンの奥様方が続々訪れたらしい。その頃ボクもちょうど東京に出張していて、そのとき販売店でもらったヨン様記念ポストカードを今も保管している。

いやー、今回はアニメになって再登場か。屋上には、なんと「ヨン様」の等身大模型が置いてあった。隣に期間限定でしつらえられた「アニソナ(アニメ冬のソナタ)カフェ」でお茶をするマダムたちは、もうヒュンダイもソナタも忘れてしまっているんだろうな。
ボクはヨン様に、ヒュンダイが東京ショーに出展を取りやめたことや、都内でヒュンダイの個人タクシーが目立つようになってきたことなどを報告した。彼は黙って聞いていた。

銀座松坂屋の屋上に設置された「ヨン様等身大人形」。
第116回:「ヨン様人形」に、日本の未来を考えた!
ヨン様をイメキャラにした「ヒュンダイ・ソナタ」(5代目)。2009年9月に6代目が発表されている。
第116回:「ヨン様人形」に、日本の未来を考えた!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。