「三菱i(アイ)」一部改良で燃費向上

2009.11.06 自動車ニュース

「三菱i(アイ)」一部改良で燃費向上

三菱自動車は2009年11月5日、軽乗用車「i(アイ)」を一部改良し、11月13日に発売すると発表した。

■カタログ燃費が1.2〜1.9km/リッター向上

最大のトピックは全車の燃費向上で、これにより、NAエンジンのMR車が「エコカー減税」(自動車税と重量税の50%軽減)に適合した。

NAエンジン車は、エンジン本体の改良やオートマチックトランスミッションの制御が見直された。ターボエンジン車についても走行抵抗の低減などにより燃費がアップ。改良前に比べ、1.2〜1.9km/リッター向上した。10・15モード燃費は、NAの「Vivace」はMRが21.0km/リッター、4WDは20.5km/リッター。ターボの「T」はMRが19.8km/リッター、4WDは19.4km/リッターとなった。

このほか、ヘッドライトを自動的に点灯・消灯させるオートライトコントロールや、高い払拭性と風切音の低減を追求したエアロワイパーブレード、アンダートレイ(運転席前)などが装備された。さらに、ソフトな触り心地のニット系シート生地も新たに採り入れられた。

価格は、「Vivace」が121万8000円(MR)/134万4000円(4WD)。「T」は147万円(MR)/159万6000円(4WD)。なお、特別仕様車「リミテッド」(99万8000円と112万4000円)も引き続き販売される。

(webCG 曽宮)

i Vivace
「三菱i(アイ)」一部改良で燃費アップ

「三菱i(アイ)」一部のモデルが燃費向上

「三菱i(アイ)」一部のモデルが燃費向上

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る