第397回:トヨタF1撤退で一言!
「涙は打ち込んだもののためにだけ流される」

2009.11.06 エッセイ

第397回:トヨタF1撤退で一言!「涙は打ち込んだもののためにだけ流される」

2009年11月5日のトヨタF1撤退記者会見にて。
第397回:トヨタF1撤退で一言!「涙は情熱が失われた時に流すもの」

自動車産業は「ビジネス」だけにあらず!

トヨタがF1から撤退するそうな。
それ自体は俺が言うのもナンだが、まあいい、というか仕方ないだろう。以前からウワサされていたし、去年、ホンダが撤退した時には「先を越された」という話まであったほどだ。
基本的な構図はどちらも一緒で、単純にお金の問題。本業が赤字続きでそれどころじゃない。もっと早くやめたかったとも言う。

わかる気がする。そもそも最低でもン100億円はかかるという年間活動資金。素人目に観たって、どうせならお金のかかる量産車用新型エンジンや電気自動車を開発した方がいい。自動車作り=ビジネスという観点に立てば当然の結論なのだ。
利益の出ない市場からは素早く撤退、いち早く退却。志が低いとか言われようが、無い袖は振れぬ。慈善事業じゃないのだから当然の結論だ。

ただし、それは自動車産業が、単なる「ビジネス」だった時の話だ。自動車産業には実は「夢」という側面がある。それは物作りという点と、西洋に追いつけ追い越せという民族的なプライドの2点だ。
物作りはビジネスだけでは語れない。一種の自己実現である。故・本田宗一郎を観ればわかるように、好きな乗り物を作りたい、速いクルマを作りたい、カッコいいのを作りたいはそれ自体、人生の目標となり得る。カネを稼ぐためだけならもっと別の方法がある。
欧米に追いつきたい、よりよい技術をモノにしたい、アイツを打ち負かしたい! も金儲けとは違う。シンプルな勝利願望だ。人間が持つ、最もプリミティブな欲望と言ってもいい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』