「スバル・レガシィ」シリーズにふたつの特別仕様車

2009.11.05 自動車ニュース
「スバル・レガシィツーリングワゴン 2.5i Lパッケージ リミテッド」
「スバル・レガシィ」シリーズにふたつの特別仕様車

「スバル・レガシィ」シリーズにふたつの特別仕様車

富士重工業は、「スバル・レガシィツーリングワゴン/レガシィB4」に特別仕様車「2.5i Lパッケージ リミテッド」「2.5i Sパッケージ リミテッド」を設定。2009年11月4日に発売した。

「スバル・レガシィB4 2.5i Sパッケージ リミテッド」
「スバル・レガシィ」シリーズにふたつの特別仕様車

今回の特別仕様車は、「レガシィ」シリーズが2009-2010年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞Best Value(ベストバリュー)」を受賞したことを記念し、発売するもの。

「2.5i Lパッケージ リミテッド」は、快適装備の充実した「2.5i Lパッケージ」をベースに、17インチアルミホイール、16インチベンチレーテッドディスクブレーキ(フロント)、オートライト&オートワイパーなどの装備を追加したもので、価格はツーリングワゴンが280万8750円、B4が265万6500円。

「2.5i Sパッケージ リミテッド」はビルシュタインダンパーなどを備えるスポーティグレード「2.5i Sパッケージ」がベース。専用のハイラスター塗料を施した18インチアルミホイール、17インチベンチレーテッドディスクブレーキ(フロント)、濃色ガラス、助手席8ウェイパワーシート、キーレスアクセス&プッシュスタートなどを備える。
こちらの価格は、ツーリングワゴンが305万250円で、B4が289万8000円と設定された。

(webCG 関)

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る