ホンダのホットハッチ復活!「シビック タイプR ユーロ」発売

2009.11.05 自動車ニュース

ホンダのホットハッチ復活!「シビック タイプR ユーロ」発売

ホンダのホットハッチ復活!「シビック タイプR ユーロ」発売

本田技研工業は2009年11月5日、「シビック タイプR ユーロ」を、2010台限定で発売した。

■目指すはプレミアムスポーツ

このたび発売されたのは、ホンダの英国工場で生産される「シビック タイプR ユーロ」。日本での販売は4年ぶりとなる、ハッチバックの高性能バージョンだ。シビック タイプRの歴史を簡単に紐解くと、EK9型と呼ばれた初代は日本で生産されていたが、それに続くEP3型は生産が英国に移管され、我が国では逆輸入のかたちで販売された。

その後、2007年に4ドアセダンのタイプRが登場。「羊の皮を被ったオオカミ」的な出で立ちが話題になったものの、ハッチバックのタイプRを求める声も根強く、2008年に11月にその復活がメーカーから正式に発表された。しかし世界的な不況の影響で一度は発売が延期され、その後、2009年8月にあらためて年内の発売がアナウンスされた。

このように複雑な経緯を持つタイプR ユーロだが、クルマの狙いはいたって明快。すなわち「ファンな走りを追求したホットハッチ」である。

■セダンと異なるチューニング

搭載エンジンは、2リッター自然吸気のDOHC i-VTECユニット。K20A型と呼ばれるこのエンジンは、NSX製法ヘッドポート処理、吸排気抵抗の低減、吸排気系やバルブタイミングの最適化などが施され、最高出力201ps/7800rpm、最大トルク19.7kgm/5600rpmを発生する。

エンジンのチューニングはセダン版タイプRのそれとは若干異なり、圧縮比が11.0と低めに設定される(セダンは11.7)。そのような違いから最高出力はセダンの225psには及ばないが、それでもリッター100psを達成しているのはタイプRならでは。ちなみに、燃費(10・15モード)も11.6km/リッターとけっして悪くはない。

トランスミッションは6段MTのみの設定で、ギア比はセダンとまったく同じである。

■セダンよりも小さく重い

注目のボディは、全長×全幅×全高=4270×1785×1445mm。ホイールベースは2635mm。全幅はセダンより15mmワイドだが、全長は270mmも短く、ホイールベースも65mm短い。そうしたことから車重はセダンより軽いのでは? と想像されるが、1320kgの車重はセダンより60kg重い。セダンほど徹底した軽量化は行われていないようである。

外装には空力性能を高める専用エアロパーツ(メッシュグリル、エアロガーニッシュ、カラードテールゲートスポイラーなど)が装着され、赤く塗られたタイプR専用のHondaバッジも備わる。

インテリアの専用装備は、アルミ製球形シフトノブ、高いホールド性を誇るHonda R specシート、メタル製スポーツペダル&フットレストなど。

足まわりは、専用チューンを施したというサスペンションや225/40R18サイズの専用タイヤ、トルク感応型ヘリカルLSDなどが奢られる。VSA(ABS+TCS+横滑り抑制)やEBD(電子制御制動力配分システム)、ブレーキアシストといった電子デバイスが標準で備わるあたりはセダンと共通だ。

価格は、298.0万円。販売台数は、2010台限りとなる。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ホンダ・シビック」が日本市場にカムバック 2017.7.27 自動車ニュース ホンダが新型「シビック」を9月に発売すると発表した。10代目となる新型では、新開発のプラットフォームを通して「走る楽しさ・操る喜び」を徹底的に追及。ラインナップには「セダン」「ハッチバック」に加え、高性能モデル「タイプR」も用意されている。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る