【スペック】全長×全幅×全高=4270×1785×1445mm/ホイールベース=2635mm/車重=1320kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(201ps/7800rpm、19.7kgm/5600rpm)/価格=298.0万円(テスト車=同じ)

ホンダ・シビック タイプR ユーロ(FF/6MT)【試乗速報】

これぞプレミアムホットハッチ 2009.11.05 試乗記 ホンダ・シビック タイプR ユーロ(FF/6MT)
……298.0万円
予定からおよそ半年遅れ、英国製「シビック タイプR」がついに日本上陸。ニッポンの「タイプR」との違いはどれほど? 下野康史が試した。

「タイプR ユーロ」は2010台限定

欧州版「シビック タイプR」が、ついに、というか“やっと”発売された。セダンベースの日本版(以下FD2)とは別物。コンパクトな3ドアボディに構築された英国ホンダ製の“タイプR ユーロ”である。ヨーロッパで本格デリバリーが始まったのは2007年から。以後、日本でも並行輸入する好事家が出るほど、一部で人気が高かった。それに応えて、ホンダも導入を表明したが、折悪しく、金融危機で延び延びになっていた。

待望の国内デビューといっても、「日本版シビック タイプRはFD2」というホンダの基本方針は変わっていない。タイプR ユーロは2010台の限定輸入モデルで、完売しても限定の“おかわり”は考えていないという。FD2同様、変速機は6段MTのみ。価格は298万円。FD2より約15万円高い。

フロントには専用の「Honda R specシート」を装備。
フロントには専用の「Honda R specシート」を装備。
タイプRの特徴である、メッシュグリルやエアロガーニッシュ、カラードテールゲートスポイラーなどの専用エアロパーツは、空力性能とスタイリングのパランスを考えて開発されたという。
タイプRの特徴である、メッシュグリルやエアロガーニッシュ、カラードテールゲートスポイラーなどの専用エアロパーツは、空力性能とスタイリングのパランスを考えて開発されたという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その12) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。ホンダブースの主役は「シビック タイプR」の量産型(欧州仕様)。EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」も展示された。
  • 【ジュネーブショー2017】ホンダ、新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年3月7日、ジュネーブモーターショーで新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開した。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る