Cクラス、ブラックシリーズの日本専用特別限定車

2012.10.19 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツ C63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition」
Cクラス、ブラックシリーズの日本専用特別限定車

「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」日本専用20台の特別限定車

メルセデス・ベンツ日本は2012年10月18日、「Cクラスクーペ」の高性能バージョン「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」に、特別ペイントなどを施した「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition(パフォーマンススタジオエディション)」を20台限定で発売した。


Cクラス、ブラックシリーズの日本専用特別限定車

「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition」は、「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」をベースに、メルセデスAMG社のカスタムオーダープログラム「AMGパフォーマンススタジオ」の特別装備を与え、日本専用に企画された20台限定の特別仕様車。
「C63 AMGクーペ ブラックシリーズ」は、「C63 AMGクーペ」にスペシャルチューニングを施したフラッグシップモデルで、日本では2012年に50台限定で投入されている。

エクステリアは、ボディーカラーに特別設定されたマットペイント「designoマグノカシミヤホワイト」を採用。さらに19インチアルミホイールやドアミラーハウジング、サイドスカートなど、マットブラック塗装を施したパーツ類でドレスアップされる。

インテリアは、ボディーカラーと同色のインテリアトリムをはじめ、「AMGパフォーマンススタジオ」にて手作業で製作された専用フロアマットやAMGのロゴをあしらったシフトノブ、ドアロックピンが装備される。

そのほか主な特別装備は、以下のとおり。

<AMGパフォーマンススタジオ専用装備>
・マットブラックエクステリアパーツ
・designoマグノカシミヤホワイトインテリアトリム(AMGブラックシリーズロゴ付き)
・AMGドアロックピン(AMGロゴ付き)
・AMGシフトノブ(AMGアファルターバッハエンブレム付き)
・ハンドクラフトAMGフロアマット(AMGロゴ付き)

<特別オプション>
・AMGサイドデカール「AMG Performance Studio」(無償)

<ブラックシリーズ特別装備>
・マットブラックペイント19インチAMG10スポークアルミホイール(鍛造)
・AMGエアロダイナミクスパッケージ(カーボンフリックス、カーボンフロントスプリッター、カーボンリアエアロウイング)
・専用AMGスポーツバケットシート(レザーDINAMICA/2シーター仕様)
・専用AMGパフォーマンスステアリング(本革巻き/レザーDINAMICA)
・AMGパフォーマンスメディア
・専用AMGパラメーターステアリング
・専用AMG強化ブレーキシステム
・専用フロントスポイラー
・専用サイドスカート
・専用リアスカート
・専用ABS
・専用AMGディフューザー
・専用エンブレム(AMGブラックシリーズロゴ付き)

価格は1750万円。デリバリーは2013年2月より順次開始する予定とのこと。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る