クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】バージョンSZ lパッケージ:全長×全幅×全高=5060×1875×1465mm/ホイールベース=2970mm/車重=1980kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8DOHC32バルブ(385ps/6400rpm、51.0kgm/4100rpm)/価格=945万円(テスト車=1059万1350円)

レクサスLS460 バージョンSZ lパッケージ(FR/8AT)/バージョンUZ(4WD/8AT) 【試乗記】

“らしい”が一番 2009.11.04 試乗記 レクサスLS460 バージョンSZ lパッケージ(FR/8AT)/バージョンUZ(4人乗り)(4WD/8AT)
……1059万1350円/1381万7150円

レクサスのフラッグシップ「LS」に小変更が実施された。あわせて追加された新グレードとは? 『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。

3年目のプチ整形

コンドー(以下「コ」):う〜ん、なんかヘンや。どっか違うで、このLSの顔は!
関(以下「せ」):よくわかりましたねぇ。じつは最近、プチ整形したんですよ。
コ:「プチ整形」って言葉、最近聞かへんけどな……って、レクサスのフラッグシップたるもんが、お手軽に顔変えてええんか、な?

せ:マイナーチェンジってやつですから。実際は、それほどでもないですよ。グリルの横バーが7本から5本になって、バンパーのエアインテークの形や前後ランプの造りが変わったくらい。
コ:それだけにしては、ずいぶん印象が変わったなぁ。もともと持ってたバタくささが薄くなって、なんや、謎の中国ブランドっぽい感じがする。レクサス風のな。
せ:実際、そんな狙いがあるのかも……「これからはやっぱり中国市場だろう!」って。

コ:まぁ、北米はあんなんなってしもうてるしな。よく見ると、バンパーの縁もエアロな感じに伸びてるし、サイドモールも違う。マイチェンはわかったけど、このクルマはエアロ仕様なん?
せ:今回追加された新グレード「バージョンSZ」です。走りの楽しさを追求したという、スポーティなモデルで……。

コ:SZって、もしかして、イタリアのカロッツェリア「ザガート」のデザインだったりして?
せ:いえ……アルファベットの最後文字を付けて、“バージョンSの最上級”を示しているらしくて……。

コ:ホイールもデカいな。専用デザインの19インチ!
せ:なかに見えるブレーキはブレンボ製です。専用設計のスポーツシートとか、内装にも手が入ってるんですよ。
コ:……って、言われへんと気いつけへんほど、“プチ”な違いやけどな。ま、サイドサポートがデカくて乗り込みにくいLSゆうのもマズいか。

せ:メーターデザインの違いのほうが大きいかも。スピードとタコのオーソドックスな2眼から、スピードを主役にした1眼に変わりました。
コ:……って、これ、サイズ自体がデカすぎやろ! ベテランユーザー多いから、老眼対策ていうわけでもなかろうに。

せ:もちろん数字も大きくなってます。ベテランの所有感を満たすべく、180km/hから280km/hスケールに変更したのだとか。
コ:「280km/h出まっせー」ってジマンするわけやな! とはいえ、大事なのは、中身。どのくらい違いがあるのか、乗ってみよか。

今回、ランプ類の意匠が(微妙に)あらためられ、サイドミラーはターンシグナル内蔵型になった。
今回、ランプ類の意匠が(微妙に)あらためられ、サイドミラーはターンシグナル内蔵型になった。 拡大
ホイールは専用デザインの19インチ。フロントにはブレンボ製対向6ポッドキャリパーが奢られる。
ホイールは専用デザインの19インチ。フロントにはブレンボ製対向6ポッドキャリパーが奢られる。 拡大
思わず「でかっ!」と声が出る、新型の一眼メーター。表示言語をはじめ、細かなセッティングが可能。
思わず「でかっ!」と声が出る、新型の一眼メーター。表示言語をはじめ、細かなセッティングが可能。 拡大
レクサスLS460 バージョンSZ lパッケージ(FR/8AT)/バージョンUZ(4WD/8AT) 【試乗記】の画像 拡大

スポーティ(な気分)になれる

せ:スポーツシートも表面の感触が柔らかい。レクサス車共通の、いいもの感のあるところ。
コ:乗り心地も、とくに硬いというほどでもない。足は、専用のスポーツサスペンションなんやて?
せ:低速時の路面の追従性を高めるようダンパー特性を改めたとか。バージョンSZは国内専用モデルだけれど、足回りの部分は欧州仕様車もほぼ共通だそうです。
コ:なんか、フロアからブルブル伝わってくる微振動が気になる。個体差があるのかもしれんけど。

せ:エンジンなど、動力性能面はそのまま。コーナリング性能の違いも、今日のようなチョコチョコ乗り程度でわかるほどではないですね。
コ:まぁたしかに、ホンのチョイ乗り。おっ、ステアリングホイールに変速パドルが付いてる!
せ:8段ATの変速パターンもスポーティに変わってるんですよ。

コ:でもそれって、スムーズさを狙って多段化したのと矛盾するんちゃうん? 8段ものギアをマニュアル操作するのも、めんどくさい。ホンマにLSのユーザーが欲しがるかなぁ?
せ:スポーティなLSを出すにあたっては、市場の声も大きかったようですよ。BMWやメルセデスからの乗り替えが思ったより少ない裏には、「走りがイマイチ」という評価もあったようで。

コ:つまり、SZは“ドイツ車対策”か。でも、あっちの「M」や「AMG」はエンジンからして違うからなぁ。そこと張り合うようなスポーティモデルにはなってない。あくまで演出レベル。高速道路を走ってたら、「さすが」ってなったかもしれんけど……。
せ:名前にFが無いように、ハイパフォーマンスモデルの「IS F」とは、出発点から違うんですね。海外のハイパフォーマーと戦うなら、モーター付きの「LS600hベース」で、日本オリジナルの俊足バージョンが造れるんじゃ?

コ:それは、エコイメージと相反するからできへんのやろ。走りのほうは「IS F」や「LFA」に任せておいて、LSは、「ビックリするほど静かだ」とか「めちゃくちゃ乗り心地が優しい」とか、そういう方向に突き進んだほうがええと思うわ。


レクサスLS460 バージョンSZ lパッケージ(FR/8AT)/バージョンUZ(4WD/8AT) 【試乗記】の画像 拡大
シンプル極まりないエンジンルーム。写真のエンジンオイル注入口のように、機能的に必要な箇所だけカバーが開く。
シンプル極まりないエンジンルーム。写真のエンジンオイル注入口のように、機能的に必要な箇所だけカバーが開く。 拡大
SZのシートは、ノーマルに比べて若干サイドサポートが高くなる。ステアリングホイール付け根に備わるシフトパドルがポイント。
SZのシートは、ノーマルに比べて若干サイドサポートが高くなる。ステアリングホイール付け根に備わるシフトパドルがポイント。 拡大
【テスト車 バージョンSZ lパッケージのオプション装備】
プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+ファイングラフィックメーター+ナイトビュー=56万7000円/クリアランスソナー+インテリジェントパーキングアシスト=11万9700円/パワートランクリッド=5万7750円/マークレビンソン プレミアムサラウンドサウンドシステム=26万7750円/セキュリティカメラ=8万4000円/DSRCユニット=2万2050円/寒冷地仕様=2万3100円
【テスト車 バージョンSZ lパッケージのオプション装備】
プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール+ファイングラフィックメーター+ナイトビュー=56万7000円/クリアランスソナー+インテリジェントパーキングアシスト=11万9700円/パワートランクリッド=5万7750円/マークレビンソン プレミアムサラウンドサウンドシステム=26万7750円/セキュリティカメラ=8万4000円/DSRCユニット=2万2050円/寒冷地仕様=2万3100円 拡大

幅広く「おもてなし」します

せ:そこでもうひとつの新グレード、「バージョンUZ(4人乗り)」をどうぞ! 従来は、「後席セパレートシートpackage」と呼ばれてたモデルです。
コ:そうそう、この乗り心地! いまいちスッキリしないSZに比べて、断然LSらしくていい。 それに、こっちでもスポーツモード選べるわけやし。

せ:SZに限らず、LSは今回、細かいカイゼンが実施されてるんですよ。ランバーサポートの調節位置がより自然になったり、荷室容量が50リッター増えたり、トランクリッドの電動オープン速度が2秒速まったり。
コ:2秒って……LSユーザー、どんだけせっかちやねん。

せ:新しく導入された、内装のカスタマイズプラン「Lセレクト」もおすすめです。シート、ドアトリム、本木目パネルなど、お好みの色と素材で最大3万通りのアレンジが可能になりました。
コ:「おすすめです」って、セールスマンかいな? まぁ、こういうオーダーも、国産車なら納期も早そうやし、最初からあってもよかったよな。トヨタ生産方式とは相容れへん感じもするけど……。けど、これでドイツのライバル車に追いつけるかな?
せ:極薄のウッドを藤細工のように編み上げたヤマハ製の「編杢パネル」とか、輸入車にはないオススメアイテムも、しっかりご用意!

コ:よっ、匠の世界! って、パネルだけで120万円!? セミアニリン本革パッケージが160万円で、ウールファブリックパッケージが130万円。我儘ってお金かかるもんやね〜!
せ:でも、LSのスポーティグレードや内装のカスタムプランなんて、新しい提案ができたのは大きな一歩。欲をいえば、「RX」や「HS250h」で採用されたリモートタッチみたいな新機能も盛り込んでほしかったです。

コ:まぁ、それは次回のお楽しみやろ。ハイパフォーマンスがウリの「LS F」ってのも、セダンの日本代表としては、ちょっと見てみたい。

(文=webCG近藤俊&関顕也/写真=webCG)


レクサスLS460 バージョンSZ lパッケージ(FR/8AT)/バージョンUZ(4WD/8AT) 【試乗記】の画像 拡大
VIP仕様車たる「バージョンUZ」のインテリア。ホイールベースはノーマルより120mm延長され、くつろぎの空間を約束する。
VIP仕様車たる「バージョンUZ」のインテリア。ホイールベースはノーマルより120mm延長され、くつろぎの空間を約束する。 拡大
左後席のリラクゼーションシステムも、UZならではの装備。
左後席のリラクゼーションシステムも、UZならではの装備。 拡大
【スペック】バージョンUZ(4人乗り):全長×全幅×全高=5180×1875×1465mm/ホイールベース=3090mm/車重=2260kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8DOHC32バルブ(367ps/6400rpm、48.2kgm/4100rpm)/価格=1247万円(テスト車=1381万7150円/プリクラッシュセーフティシステム+後方プリクラッシュセーフティシステム+レーンキーピングアシスト+レーダークルーズコントロール=79万8000円/ファイングラフィックメーター+ナイトビュー=42万円/セキュリティカメラ=8万4000円/DSRCユニット=2万2050円/寒冷地仕様=2万3100円)
【スペック】バージョンUZ(4人乗り):全長×全幅×全高=5180×1875×1465mm/ホイールベース=3090mm/車重=2260kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8DOHC32バルブ(367ps/6400rpm、48.2kgm/4100rpm)/価格=1247万円(テスト車=1381万7150円/プリクラッシュセーフティシステム+後方プリクラッシュセーフティシステム+レーンキーピングアシスト+レーダークルーズコントロール=79万8000円/ファイングラフィックメーター+ナイトビュー=42万円/セキュリティカメラ=8万4000円/DSRCユニット=2万2050円/寒冷地仕様=2万3100円) 拡大

関連キーワード:
LSレクサス試乗記

あなたにおすすめの記事