【スペック】全長×全幅×全高=3610×1690×1460mm/ホイールベース=2365mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)/価格=250.0万円(テスト車=同じ)

ルノー・トゥインゴ ルノースポール(FF/5MT)【試乗記】

ホットハッチの原点 2009.11.02 試乗記 ルノー・トゥインゴ ルノースポール(FF/5MT)
……250.0万円
「ルーテシア」と「トゥインゴ」、2台のルノースポールを乗り比べたリポーターは、ボディサイズだけじゃない大きな違いを実感した。

「トゥインゴRS」は若者向け!?

ルノースポール(RS)の新型車が2台、まとめて上陸した。ここで紹介する「トゥインゴRS」と、ひと足先に試乗記を公開した「ルーテシアRS」だ。
たまたま日本での発表が同時になっただけで、本国デビューはタイムラグがあったのだが、並べて出されるとどうしても比べてみたくなるわけで、2009年7月にフランスで乗り比べたのに続き、今回も2台まとめての試乗となった。

トゥインゴRSとルーテシアRSとでは、ベースモデルがそうであるように、車格がワンランク違う。サイズはトゥインゴRSのほうがコンパクトで、排気量はルーテシアの2リッターに対して1.6リッターになり、価格は約50万円安い。でも内容を見ると、「廉価版RS」でないことがわかる。

たとえばエンジンは、カングーなどにも積まれる1.6リッター自然吸気だが、専用チューンを施すことで134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpmと、高回転高出力型になった。サスペンションは10mmローダウンされたほか、トレッドを前後とも60mm拡大していて、これをカバーすべくオーバーフェンダーを装着した結果、全幅は35mm広い1690mmになっている。かなり手の込んだ作りなのだ。

さらにフランスのプレスリリースによると、トゥインゴRSは「初めてホットハッチに乗る若いユーザーのためのモデル」と記されている。現地でプロダクトマネージャーに話を聞いたときも、「トゥインゴRSは若者向け、ルーテシアRSはおとな向け」という言葉が返ってきた。つまり2台はボディサイズや排気量以上に、想定年齢層が違うのだという。じゃあアラフォー越えの自分には似合わない存在なのか? と思いつつ乗り込んだら、そうではなかった。

 
ルノー・トゥインゴ ルノースポール(FF/5MT)【試乗記】の画像
 
ルノー・トゥインゴ ルノースポール(FF/5MT)【試乗記】の画像
ガンメタリックフレームフォグランプやガンメタリックドアミラー、リアスポイラーなどがルノースポールならではの存在感をアピール。タイヤは195/40R17。
ガンメタリックフレームフォグランプやガンメタリックドアミラー、リアスポイラーなどがルノースポールならではの存在感をアピール。タイヤは195/40R17。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る