第115回:ヘンタイと言われても・・…・大矢アキオの瞼(まぶた)に残る、あのクルマたち

2009.10.31 エッセイ

第115回:ヘンタイと言われても・・…・大矢アキオの瞼(まぶた)に残る、あのクルマたち

911よりも928

「定番」という言葉は、今や一般用語になってしまった感がある。だが、もともとは服飾を中心とする小売業で、長い期間にわたりコンスタントに売れる商品を指す業界用語だった。クルマの世界にも定番と呼ばれるものが、いつの間にか出来上がっている。
その代表が「ポルシェ911」であろう。たゆみないリファインの積み重ねによって輝き続けている。

しかし、だ。ボク個人は、「ポルシェ928」(1977-1995年)が忘れられない。ポルシェ928のデビューは1977年。911のリアエンジンをあっさりと捨て、V8エンジンをフロントミドシップにし、トランスアクスルを介して後輪駆動するグランドツアラーだった。
ポルシェとしては911の後継として市場に定着させることを意図していたが、愛好者たちからはまったくの別物として捉えられてしまった。そのため、928は改良を加えられながらも、1995年にはカタログから消えていった。

デビュー当時小学生だったボクにとって、正直なところ911のスタイルは、カエルの化け物以外の何物でもなかった。そのいっぽうで928には、限りなきモダンさを感じたものだ。これまた前衛的なお椀型ヘッドランプを起こされた日には、失神しそうであった。
大人になってからも、知人の新人医師から「ポルシェだったら何がいい?」と相談されたとき、迷わず928を薦めた。
残念だったのは、彼が買った中古車の個体が相当“ハズレ”だったことだ。
以後今日まで、彼の医院に出入り禁止になっているボクだが、928を推したことは間違いではなかったと信じてやまない。

思い起こせば、1976年発表の「アストン・マーティン・ラゴンダ」も、衝撃的だった。その折り紙のような面構成は、正統派アストン愛好者にはちょっとインパクトが強すぎたようで、従来型2ドア・アストンと並ぶステイタスは得られなかった。
だが英国人デザイナー ウィリアム・タウンズによるスタイルは、イメージスケッチから飛び出てきたように伸び伸びとしていた。また、4ドアの高速サルーンでありながらリトラクタブルライトを備えていたのも、当時としては衝撃的だった。

プレミアムカーばかりが続いたが、巷にも「世の中じゃウケなかったけど、けっこうイケてたのに」というモデルがあった。その代表例が、「ルノー・フエゴ」である。1980年に登場し、ルノーが「R18」をベースに製作したフロントドライブのクーペである。
フロントおよびリアフェンダーにのびるプラスチックのモールは、目を半開きにして見ると、あたかもサイドウィンドウと繋がっているように見えるトリックだ。当時多くのデザイナーが描くスケッチに、こうしたアイディアはみられたものだが、本当にやってしまった大胆さよ。
テールゲートにも、従来のルノーのイメージからはかけ離れた、大胆なカーブドグラスが使われていた。デザイナーは何を隠そう、名車「シトロエンSM」や「GS」そして「CX」を手がけたロベール・オプロン(1932−)である。彼はシトロエンのあと入社したルノーで、このフエゴのほか、当時のトップモデル「25」も手がけた。
フランス市場ではそこそこウケて、その証拠に1992年まで生産された。だがルノー=実用車のイメージが強い国外で、知名度はついぞ上がることはなかった。
ちなみにボクが住むシエナでは、アフリカ系のお兄さんが10年ちょっと前まで赤いボロボロのフエゴを得意げに乗り回していたが、その後消息を絶ってしまった。

ポルシェ928S。新世代ポルシェの模索。
第115回:ヘンタイと言われても・・…・大矢アキオの瞼に残る、あのクルマたち
「アストン・マーティン・ラゴンダ」。デザイナーのW.タウンズは、すでに鬼籍に入っている。
第115回:ヘンタイと言われても・・…・大矢アキオの瞼に残る、あのクルマたち
「ルノー・フエゴ」。「Fuego」とはスペイン語で「炎」のこと。
第115回:ヘンタイと言われても・・…・大矢アキオの瞼に残る、あのクルマたち

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。