【スペック】全長×全幅×全高=4970×1955×1880mm/ホイールベース=2880mm/車重=2630kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー(510ps/6000-6500rpm、63.8kgm/2500-5500rpm)/価格=1554万円

ランドローバー・レンジローバー・ヴォーグ5.0 V8スーパーチャージド(4WD/6AT)【海外試乗記】

未だ別格の存在 2009.10.29 試乗記 ランドローバー・レンジローバー・ヴォーグ5.0 V8スーパーチャージド(4WD/6AT)
……1554万円

ランドローバーのフラッグシップモデル、「レンジローバー・ヴォーグ」に、本国イギリスで試乗。オフ/オンロードを駆け巡り、リポーターの出した結論は……。

過去最大級の改良を受けた

ロンドンからクルマで2時間。イングランド東部のイースナーにはランドローバー・エクスペリエンスの4輪駆動ドライブトレーニングの本拠地がある。ここで試すことができたのは2010年モデルとしてフェイスリフトを受けた「レンジローバー・ヴォーグ」である。レンジローバーとしてのデビューは2002年。以来、BMW製からジャガー製へとエンジンを変更するなど様々な改良を受けてきたが、7年目での今回の変更は、今まででも最大級のものだ。

エンジンは再び刷新された。今度の心臓はジャガー・ランドローバー共同開発のV型8気筒5リッター直噴ユニット。すでに「ジャガーXK/XF」などに搭載されているこのエンジンは、開発の段階から急角度の状態でのオイル循環テストなどオフロードを意識した設計が為されているという。用意されるのは、最高出力375psの自然吸気と510psのスーパーチャージドの2種類。いずれも大幅な出力向上の一方で、低速トルクの充実による6段ATの早期ロックアップなども相まって、燃料消費量は逆に低減したという高効率パワートレインである。

当然、それにあわせてシャシーにも改良が施されている。標準装備のエアサスペンションには減衰力可変式ダンパーのアダプティブダイナミクスシステムがプラスされ、ブレーキも容量を拡大。テレインレスポンスの制御も見直されているという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る