「ホンダ・ライフ」が減税対象に、新グレードも追加

2009.10.28 自動車ニュース
「ライフG コンフォートセレクト」。写真は新色のシフォングリーンメタリック。
「ホンダ・ライフ」が減税対象に、新グレードも追加

「ホンダ・ライフ」が減税対象に、新グレードも追加

本田技研工業は2009年10月15日、軽乗用車「ライフ」の燃費を改善し、装備を一部変更して発売した。

「ライフDIVA クールセレクト」のインテリア。
「ホンダ・ライフ」が減税対象に、新グレードも追加

今回の変更では、全グレードのカタログ燃費が向上したことで、エコカー減税の対象車となったことがニュース。さらに、電動パワステをチューニングし、中高速領域でのハンドリングを向上させたという。
装備面では、「パステル」にハーフシェイドフロントウィンドウを、「DIVA」にはハーフシェイドフロントウィンドウのほかにテールゲートスポイラー、マイクロアンテナが標準装備とされた。ボディカラーには新色となる「シフォングリーンメタリック」が2009年12月に追加される予定。

同時に、パッケージオプション装着グレードとして「スタイリッシュパッケージ」がラインナップから落とされ、2種を新設。ベーシックな「Gタイプ」では、フルオートエアコンやチルトステアリングなどが含まれる「コンフォートセレクト」が、スポーツタイプの「DIVA」「DIVAターボ」では、内外装を各種パーツで飾る「クールセレクト」が選べるようになった。

価格は新グレードを除き、従来より0〜1.7万円高くなり、94.5万円から159.8万円。

また、「Gタイプ」をベースとする福祉車両もラインナップに加えられた。助手席リフトアップシートのタイプが用意され、FF車が141.0万円、4WDが152.2万円となる。こちらは2009年10月29日に発売する。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • ホンダN-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)/N-ONE Premium Tourer(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.21 試乗記 ホンダN-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)/N-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……136万6000円/156万750円

    往年の名車をモチーフに開発された、ホンダの新型軽「N-ONE(エヌワン)」に試乗。その走りや使い勝手を、2つのグレードでチェックした。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2014.1.9 試乗記 本田技術研究所 四輪R&Dセンター LPL 主任研究員 人見康平(ひとみ こうへい)さん 軽自動車の主戦場、ハイトワゴンのジャンルに勝負を挑む「N-WGN」。強敵たちを相手にどんな作戦を練ったのか、開発責任者に聞いた。
ホームへ戻る