BMW7シリーズに「M Sportsパッケージ」が新設定

2009.10.28 自動車ニュース

BMW7シリーズに「M Sportsパッケージ」が新設定

BMWジャパンは2009年10月22日、「BMW7シリーズ」にオプションパッケージの「M Sportsパッケージ」を追加し、販売を開始した。

■スポーティさを前面に

「M Sportsパッケージ」は、BMW M社が手がけるオプションパッケージ。スポーティさをアピールするエアロパーツや専用チューンのサスペンションなどが、走りにこだわるBMWオーナーから根強い人気を集めている。この定番オプションが、BMW7シリーズに新登場、日本でも注文が可能になった。

その内容だが、エクステリアは、Mエアロダイナミックパッケージ(クロームのストリップ付きの前後バンパーやリアスポイラーなど)や19インチのMライトアロイホイールが、スポーティな雰囲気を演出。また、インテリアでは、ロゴ入りのドアシルプレートやスポーツシート(BMW740i/750i)、マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール、Mフットレストが、ノーマルとの違いを明確にしている。さらに、BMW760Liには標準で備わるダイナミックドライブが追加装着されることで、ロールを抑えたスポーティな走りを実現するという。

オプション価格は、BMW740i/750iでは90.0万円、750Liでは80.0万円、760Liでは25.0万円。ラクシャリーサルーンであってもスポーティさを好むエグゼクティブには、ちょっとうれしいニュースである。

(文=生方聡)

BMW7シリーズ M Sportsパッケージ
BMW7シリーズ M Sportsパッケージ
インテリアには、スポーツシート(運転席&助手席、電動調整式)、BMW individualアンソラジットルーフライニング、マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイールなどが装備される。
インテリアには、スポーツシート(運転席&助手席、電動調整式)、BMW individualアンソラジットルーフライニング、マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイールなどが装備される。
ホイールは、ダブルスポークタイプの19インチMライトアロイホイールが装着される。
ホイールは、ダブルスポークタイプの19インチMライトアロイホイールが装着される。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMWアクティブハイブリッド7 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.7 試乗記 BMWアクティブハイブリッド7 Mスポーツ(FR/8AT)
    ……1308万1000円

    「7シリーズ」のマイナーチェンジを機に、「アクティブハイブリッド7」が大きく進化した。1モーター2クラッチ方式のフルハイブリッドカーとなった新型の走りはいかに。
  • BMW 530e iパフォーマンス ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.8.17 試乗記 プラグインハイブリッド車のラインナップ拡充を進めるBMW。今回は、そのニューフェイスとなるミッドサイズセダン「530e」に試乗。純粋なガソリンエンジン車とはひと味違う、走りや乗り心地をリポートする。
  • 装備を強化した最新の「メルセデス・ベンツSクラス」上陸 2017.8.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年8月9日、フラッグシップセダン「メルセデス・ベンツSクラス」のマイナーチェンジモデルを発表。同日、予約受注を開始した。価格は「S400」の1128万円から「メルセデスAMG S65ロング」の3323万円まで。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る