【スペック】208シエロ:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース=2540mm/車重=1180kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=240万円(テスト車=同じ)

プジョー208シエロ(FF/4AT)/208プレミアム(FF/4AT)【短信】

走って楽しいコンパクト 2012.10.23 試乗記 プジョー208シエロ(FF/4AT)/208プレミアム(FF/4AT)
……240万円/216万円

プジョーの新しい顔「208」に試乗。コンパクト・プジョーの良き伝統である「操る楽しさ」は、どう受け継がれたのか。

存在感はクラス随一

プジョーから主力モデルの「208」が登場した。振り返れば「207」は2006年5月の登場以来まだ6年しかたっておらず、通常10年以上という長いモデルサイクルをとるプジョーにしては“短命”なモデルとなった。聞けば207は、208の登場後も現地では販売が続行されるという。

もっとも、プジョーにとって新旧モデルの並売は今に始まったことではない。「2」シリーズはプジョーの確固たる地位を維持してきた看板車種。旧モデルも依然として魅力があせず、需要があることを意味している。また長期間にわたって愛用されることの多いプジョー車にとって、補修パーツの確保にも役立つだろう。

さて、新しいプジョーである208の顔だが、フロントオーバーハングを75mm詰めた結果、口元も引き締められて「おちょぼ口」になった。この趣旨には賛同できる。しかし筆者は、リップラインの引き方に注文がある。まるでデザイン技法の基礎ともいえる雲形定規を使う手を滑らせたかのごとく、“下唇”のRの線引きを少しゆがめてしまった。ここは一筆書きでシューッとスムーズにつなげるべきである。正常な美的感覚の持ち主という自負がある筆者にとって、これは非常に気になるところなのだ。

曲率の違う曲線をつなぐ手法として、同種の“過ち”をおかした例は他メーカーでもいくつか見られる。しかし、時を経ずして修正されているから、これも製品初期の“ムラ”として適宜訂正されていくだろう。

このささいな一点を除けば、208はクラス随一の存在感を放つ。全長は4m未満のコンパクトサイズながら、立派で気品ある雰囲気を醸しつつ、これまでややきつい表情だったものが柔和でかわいらしい顔に改められ、クラスを超えて「この一台」として選べる魅力が備わった。

そのトピックに新設計の3気筒1.2リッターエンジンの登場がある。しかしその日本仕様は少し遅れて入ってくる。3ドアおよび5MTのみという設定で価格は199万円。今回試乗できたのは、120psの1.6リッター直4と4ATの組み合わせで、「プレミアム」と「シエロ」という車種である。

両者の違いは、ガラスルーフやバックソナー、アルミペダル、レザーシート、あるいは部分的にダークグレーに塗装されるアルミホイールの有無などで、価格はプレミアムが216万円、シエロが240万円となる。この他、6MTと156psのターボエンジンを積む「GT」が用意される。こちらは258万円である。

全方位的に小型化された「208」。「207」と比較して、全長は85mm、全幅は10mm小さくなった。写真は「208シエロ」。
全方位的に小型化された「208」。「207」と比較して、全長は85mm、全幅は10mm小さくなった。写真は「208シエロ」。
小径ステアリングと、その上部から視認できるメーターの組み合わせが個性的。
小径ステアリングと、その上部から視認できるメーターの組み合わせが個性的。
装備充実グレードの「シエロ」には、パノラミックサンルーフなどが標準で装備される。
装備充実グレードの「シエロ」には、パノラミックサンルーフなどが標準で装備される。
【スペック】208プレミアム:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース=2540mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=216万円(テスト車=同じ)
【スペック】208プレミアム:全長×全幅×全高=3960×1740×1470mm/ホイールベース=2540mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=216万円(テスト車=同じ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る