小沢コージの勢いまかせ番外編コージの勝手にTMS09ポジティブアワードぉぉぉぉ!!

 
小沢コージの勢いまかせ番外編コージの勝手にTMS09ポジティブアワードぉぉぉぉ!!
 
小沢コージの勢いまかせ番外編コージの勝手にTMS09ポジティブアワードぉぉぉぉ!!
 
小沢コージの勢いまかせ番外編コージの勝手にTMS09ポジティブアワードぉぉぉぉ!!

意地と夢だけで作った「スパッセV」

いやはや今年の東京モーターショー(TMS)、後ろ向きに考えるとどんどんエビのように後ろに行きますな。プレスデイの駐車場はいやってほど空いてるわ、会場も至る所にオープンスペースあるわで、サッカーやったら誰でも勝てるよ(意味分かりませんね(苦笑))。一般の入場者数を知るのが待ち遠しいやら怖いやら……。さておき今が不況は誰もが承知の事実。それと受け止め前向きに行かねば! というわけでTMS、コージの勝手にポジティブアワードぉぉぉぉぉ!! 

というわけで栄えある大賞はコレ、「鈴商スパッセV」だ。なにそれ? って思う人も多いと思うし、詳しいはずの業界人の間でも知らない人が多かった一台。で、なにが凄いってこのクルマ、元は名古屋の並行輸入屋さん「鈴商」が作った2台目のオリジナルカーで、現在御年60過ぎのワンマン社長、鈴木敏夫さん(元レーサーの鈴木利男さんとは違います)の「とにかく作る!」って意思だけで製作したということだ。
市販化予定で、実際されるとは思うが、いわゆる大メーカーの「これくらいのクラスならこれくらい売れそう」とか「世界○カ国で出せるはず」という見込み、マーケティングは全く無い。

しかし設計は本格的。ボディはアルミのツインチューブモノコックがメインで、上にFRPパネルを貼り付けてあり、跳ね上げ式のドアを採用する。デザインは、なんと日本オリジナルのF1「マキF101」や歴代グラチャンマシンを手掛けた、70年代の名レーシングカーデザイナー三村建治氏で、フレーム設計は、社長の鈴木さんとその息子さんが手掛けているらしい。今後、国土交通省の認可を受ける予定で、実際パスもしそうという。というのも2004年にはスーパーセブン風の1号車「スパッセ」を発表、同様にフレームの設計からオリジナルで国土交通省の承認を受け、正式にメーカーとして「鈴商」は認められているし、すでに何台か納車実績もあるからだ。

考えようによっては、光岡のスーパーカー「オロチ」と似たような成り立ちなわけだが、会社規模もプランニングレベルも段違い。社員は数人いるかいないかだし、1号車「スパッセ」も何台売れたのやら……って感じ。
つまり、今回スパッセVを作り、売ろうってのは完全に社長、鈴木敏夫さんの個人的意地と夢。いまどき珍しいくらいのドン・キホーテぶりなのだ!

聞けば開発費に“億”はかかってるし、このため並行屋時代に手に入れた自慢のヒストリックレーシングカーを3台も売ったとか。肝心の価格は900万円前後の予定で、発売は「なるべく早く」だそう。車重は850kg、エンジンは「マツダスピード・アクセラ」用の2.3リッターターボで270ps、それでいてシャシーはヘタなレーシングカー顔負けだから、性能は期待できる。

たしかにロータスやKTMなど、有名メーカーの作品のが無難っちゃ無難。でも、もしもスタイルが気に入ったのなら、こういう“和のオトコの意地”を試してみるのも手かもしれません。どうせならさ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。