クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ステップワゴンG・Lパッケージ(左):全長×全幅×全高=4690×1695×1815mm/ホイールベース=2855mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6200rpm、19.7kgm/4200rpm)/価格=225万7000円(テスト車=258万7750円/プレミアムヒダマリアイボリーパール=3万6750円/Hondaスマートキーシステム=5万2500円/Honda HDDインターナビシステム(リアカメラ付き)+ETC=24万1500円)

ホンダ・ステップワゴンG・Lパッケージ(FF/CVT)/スパーダS(FF/CVT)【試乗速報】

大きくなりました 2009.10.27 試乗記 ホンダ・ステップワゴンG・Lパッケージ(FF/CVT)/スパーダS(FF/CVT)
……258万7750円/292万円

「ホンダ・ステップワゴン」が、「大きく」「広く」モデルチェンジ。5ナンバーミニバントップへの返り咲きを期す新型の使い勝手と乗り心地を、クローズドコースでチェックした。

巧みな空間設計

第一印象は「原点回帰」。飾り気の少ないシンプルな、そしてボクシーなスタイルの「ステップワゴン」、そして“エアロタイプ”が7割をも占めるという市場に合わせて今まで以上に力が入れられた「スパーダ」にも共通するのが、そんな雰囲気だ。先代はデザインに遊び心を加え、低床プラットフォームを生かして室内空間を狭めることなく車体をコンパクト化していたが、市場はそれを狭く感じると評した。それゆえに新型は、中身も見た目も大きく広いことを強調しているわけだ。

実際、室内スペースの余裕は圧倒的といえる。低い床、高いルーフのおかげで乗り込みは楽だし、運転席を基準に2列目を合わせた状態でも、3列目は足元も頭上も余裕綽々。我慢がいらない……というレベルではなく、快適に過ごせる広さがある。ラゲッジスペースも、3列目を左右跳ね上げ式から床下収納式としたことで、広さと使い勝手を高めている。空間設計は巧みで隙がなく、これなら文句は無いだろうという自信がにじみ出ているかのようにも感じられた。

運転席に陣取ると、まずは視界の開けっぷりに驚かされる。サイドウィンドウの下端を下げ、ドアミラーを拡大し、また視界の妨げになる3列目の跳ね上げ式格納をやめたことなど細かな積み重ねが効いている。視界といえば、車体左前方を幅1m、長さ7mにわたって反射鏡を使って室内ミラーに写し出すサイドビューサポートミラーも、単なるギミックかと思いきや案外役に立つ。大きくなったネガを感じさせない、取り回し性を高める工夫が嬉しい。

注目の記事PR
  • 「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃!
    「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃! ダイソン
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
注目の記事一覧へ

優れたドライバビリティ

大きくなったと聞いて不安になるのは取り回し性のほか、やはり走り、そして燃費だろう。しかし新型ステップワゴンは、ここでも不安を見事に払拭してみせた。

走りの好印象をもたらすのは、まずパワートレイン。直列4気筒2リッターエンジンとCVTの組み合わせは、アクセル操作に即応する好レスポンスが際立った走りやすさに繋がっている。燃費優先制御となるECONモードは、夏場のエアコンの効きを考えなければ常にONでもいいと思えたほどだ。

CVTといえば、アクセルを踏むとまずエンジン回転が上昇し、そこから加速が始まるという悪癖を消し切れないものも多いが、最高出力の5psダウンと引き換えに低中速トルクを引き上げたエンジンと、その特性をうまく引き出すCVTの巧みなコンビネーションが、優れたドライバビリティに繋がっているのだ。個人的に世のCVT車のほとんどは納得できるレベルに無いと思っているのだが、新型ステップワゴンはその非常に数少ない例外である。

限られたコース内での試乗だったため計測したわけではないが、燃費対策は徹底している。ポンピングロス低減を狙い“可変吸気量制御”を盛り込んだi-VTECや、ピストンリング低張力化を可能にする、オイル保持性の高いパターンピストンコーティングの採用、バランサーシャフトの廃止などによるフリクションロスの低減、さらには電動パワーステアリングの採用等々によって10・15モード燃費は、15インチタイヤ仕様で14.2km/リッターを実現。従来も実走行燃費は悪くなかったというが、新型ではモード燃費も稼ぐことで全車エコカー減税の対象としている。

 
ホンダ・ステップワゴンG・Lパッケージ(FF/CVT)/スパーダS(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大
 
ホンダ・ステップワゴンG・Lパッケージ(FF/CVT)/スパーダS(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大
【スペック】ステップワゴン スパーダS:全長×全幅×全高=4690×1695×1815mm/ホイールベース=2855mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6200rpm、19.7kgm/4200rpm)/価格=245万8000円(テスト車=292万円/ 運転席側パワースライドドア=5万2500円/Hondaスマートキーシステム=5万2500円/Honda HDDインターナビシステム+マルチビューカメラシステム+ETC=35万7000円)
【スペック】ステップワゴン スパーダS:全長×全幅×全高=4690×1695×1815mm/ホイールベース=2855mm/車重=1600kg/駆動方式=FF/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6200rpm、19.7kgm/4200rpm)/価格=245万8000円(テスト車=292万円/ 運転席側パワースライドドア=5万2500円/Hondaスマートキーシステム=5万2500円/Honda HDDインターナビシステム+マルチビューカメラシステム+ETC=35万7000円) 拡大

本気で家族を想ったのか

操縦性も心地良いものに仕上がっていた。大舵角までしっかり追従するフロント、横方向の剛性感が高く旋回中どっしりとしたスタビリティを感じさせるリアが、もともとの低重心、そして高められたボディ剛性と相まってスッキリ爽快なフットワークに繋がっている。電動パワーステアリングが中立位置でやや固着したような手応えになるのは気になったが、おおむね印象は悪くない。

乗り心地はまずまず。多人数乗車を意識した設定だけに、1〜2人乗りではややリアが硬めに感じられるのはしょうがない。しかしスパーダに関していえば、終始跳ねていたような印象の先代から比べれば、普通にそれなりに快適に座っていられるくらいまで、大きく進化したと言える。

潰すべきネガはなにかということを含めて、目指した方向性は明確で、ハードウェアもそこに向けてしっかり進化を果たしている。しかし残念なのは、相変わらず2列目と3列目の中央席には3点式シートベルトが備わらず、ヘッドレストも上級車種にしか用意されないことだ。新型ステップワゴン、テレビCMなどでもこれまで以上に強くファミリー色を打ち出しているが、それはファミリー層の快適や安全を思った商品だという意味ではなく、ファミリー層に売りたいというだけにしか思えなくなってくる。様々な部分での進化を感じただけになおのこと空しく、残念だ。

(文=島下泰久/写真=高橋信宏)

関連キーワード:
ステップワゴンステップワゴンスパーダホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事