「日産キューブ」に青内装の特別仕様車

2009.10.26 自動車ニュース

「日産キューブ」に青内装の特別仕様車

「日産キューブ」に青内装の特別仕様車

日産自動車は2009年10月20日、コンパクトカー「キューブ」の特別仕様車「インディゴセレクション」を発売した。

「インディゴセレクション」の内装。青いスエード調クロス地に、グレイッシュベロアのパイピングが組み合わされたシートがポイント。
「日産キューブ」に青内装の特別仕様車

キューブの「インディゴセレクション」は、その名のとおり、インディゴブルーの内装を採用した特別仕様車だ。日産とゆかりの深い横浜の海をイメージしたという。

ベースモデルは、「15X/15X FOUR」。青い内装のほか、メッキインナードアハンドル、本革巻き3本スポークステアリング、インテリジェントキー、プッシュエンジンスターターなども標準で備わる。

価格は、FFの「15X インディゴセレクション」が156万4500円で、4WDの「15X FOUR インディゴセレクション」が179万2350円。ともにベース車両の3万1500円高となっている。

あわせて今回、キューブの仕様を一部変更。カーウイングスナビゲーションシステムに、走行シーンに応じて自動的にエンジンブレーキをかけるなど、ナビとの協調制御でエコドライブを支援するECOモード/ナビ協調制御機能を追加した(FF車にオプション設定)。

ボディカラーも見直し、新色のビームグレー、サファイアブラックを含む全10色とした。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キューブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る