「日産キューブ」に青内装の特別仕様車

2009.10.26 自動車ニュース

「日産キューブ」に青内装の特別仕様車

日産自動車は2009年10月20日、コンパクトカー「キューブ」の特別仕様車「インディゴセレクション」を発売した。

キューブの「インディゴセレクション」は、その名のとおり、インディゴブルーの内装を採用した特別仕様車だ。日産とゆかりの深い横浜の海をイメージしたという。

ベースモデルは、「15X/15X FOUR」。青い内装のほか、メッキインナードアハンドル、本革巻き3本スポークステアリング、インテリジェントキー、プッシュエンジンスターターなども標準で備わる。

価格は、FFの「15X インディゴセレクション」が156万4500円で、4WDの「15X FOUR インディゴセレクション」が179万2350円。ともにベース車両の3万1500円高となっている。

あわせて今回、キューブの仕様を一部変更。カーウイングスナビゲーションシステムに、走行シーンに応じて自動的にエンジンブレーキをかけるなど、ナビとの協調制御でエコドライブを支援するECOモード/ナビ協調制御機能を追加した(FF車にオプション設定)。

ボディカラーも見直し、新色のビームグレー、サファイアブラックを含む全10色とした。

(webCG 関)


「日産キューブ」に青内装の特別仕様車の画像 拡大
「インディゴセレクション」の内装。青いスエード調クロス地に、グレイッシュベロアのパイピングが組み合わされたシートがポイント。
「インディゴセレクション」の内装。青いスエード調クロス地に、グレイッシュベロアのパイピングが組み合わされたシートがポイント。 拡大

関連キーワード:
キューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第92回:“クルマらしくない”のが奥深い 2018.5.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第92回は「“クルマらしくない”のが奥深い」。元日産の中村史郎氏インタビューの結びとして、日本的自動車デザインについて考える。日本のユーザーが“良し”とするデザインとは?
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
  • 第94回:依存症が止まらない 2018.6.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第94回は「依存症が止まらない」。“もうすぐおじいちゃん”を自認する筆者が、「コレなしでは生きていけない」と言い切る生活必需品とは? 食べ物からクルマまで、ムリなく前進するためのこだわり生活を解剖する。
  • 第96回:カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!? 2018.6.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第96回は「カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!?」。モテないカーマニア2名によって、突如ぶち上げられたロータリー待望論。自動車業界の現実を無視した言動に、筆者は真っ向から反論する!
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る