「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」日本上陸

2012.10.19 自動車ニュース
「MP4-12Cスパイダー」
「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」日本上陸

「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」が日本上陸

2012年10月19日、東京都港区のマクラーレン東京において、英国マクラーレン・オートモーティブが手がけるハイパフォーマンススポーツカー「MP4-12C」のオープンモデル「MP4-12Cスパイダー」が日本で初公開された。

パフォーマンスはクーペと変わらず

MP4-12Cスパイダーは、2012年8月に米国カリフォルニア州で開催されたヒストリックカーコンクールイベントである「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において世界で初めて公開された。ルーフをボディーパネルと同じ複合材を採用したリトラクタブルハードトップに変更してオープントップとしたのが特徴。ルーフの開閉は約17秒で完了し、走行中も30km/h以下であれば作動が可能だ。なお、ルーフシステムの追加による車重の増加は40kgにとどめたとされる。

パワートレインはクーペから手が加えられ、搭載される3.8リッターV6ツインターボの最高出力は、クーペの600ps/7000rpmから625ps/7500rpmに増加(最大トルクは61.2kgm/3000-7000rpmとクーペと同値)。組み合わされる7段デュアルクラッチトランスミッション「SSG」(シームレス・シフト・ギアボックス)もセッティングの変更が施されている。
最高速は329km/h、0-100km/h加速は3.1秒。燃費とCO2排出量(EU複合サイクルモード)はそれぞれ、11.7リッター/100km、279g/kmとなる。

装備面では、シャシーセッティングを変更できる「プロアクティブ・シャシー・コントロール」や、コーナリング性能を高める「ブレーキ・ステア・システム」、コーナリング時のブレーキ性能/スタビリティーを向上させる「エアブレーキ」はクーペから受け継がれている。

MP4-12Cスパイダーの日本市場での販売価格は3000万円。デリバリーは2013年初旬から開始される予定とのこと。


「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」日本上陸
マクラーレン・オートモーティブのマネージング・ディレクター アントニー・ジェリフ氏(写真左)とマクラーレン・オートモーティブ・アジアのリージョナル・ディレクター イアン・ゴーサッチ氏(写真右)。
「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」日本上陸
「MP4-12Cスパイダー」の実車は、2012年10月21日(日)から28日(日)まで「マクラーレン東京」、11月3日(土)から11月15日(木)まで「マクラーレン大阪八光」に展示されるという。
「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」日本上陸

■世界でベストなモデルとサービスを提供

発表会には、英国マクラーレン・オートモーティブからマネージング・ディレクターであるアントニー・シェリフ氏と、マクラーレン・オートモーティブ・アジアのリージョナル・ディレクターであるイアン・ゴーサッチ氏が来日した。

英国マクラーレン・オートモーティブにおいてロードカーの設計・開発・生産・販売を担当するシェリフ氏は「日本市場が重要なのは、規模の大きさだけではありません。ハイテクノロジーなどについて目の肥えた購買層が存在する日本市場でわれわれのモデルが受け入れられれば、世界でベストとなる目標を達成できるからです」とコメント。
MP4-12Cスパイダーで325km/hでのオープンドライブを経験したという氏は「クーペとスパイダーではパフォーマンスに差はありません」としたうえで、「MP4-12Cを所有する方には、スパイダーと同じエンジンパワーに無償でアップグレードできるサービスの準備を進めています」という計画を明らかにした。これも「ベストなモデルをベストなサービスで提供する」という彼らのスタンスを追求したゆえの決断だろう。

「MP4-12Cの量産開始から1年が経過して、われわれは年間生産台数である1500台を22カ国で販売し、スポーツカーブランドとして認知されるようになりました。われわれは販売戦略として、毎年ニューモデルを登場させると公約してきましたが、今年は12Cスパイダー、2013年は2012年のパリモーターショーで発表した『P1』を発売する予定です(欧州では2013年後半、日本では2013年末)」

いっぽう、アジア地域の販売パートナーの任命責任および新たな地域拠点におけるセールス・マーケティング・チームを統括するゴーサッチ氏は「世界戦略として、すべてのディーラーに高い収益性を与えつつ、ベストなカスタマーサービスを提供したいと考えています。アジアでは今年の香港、シンガポールに続き、来年は台湾、マレーシア、そして中国本土にもディーラーを展開する計画です」と話す。

氏によれば、年間1000〜1500台の生産台数全体に対して、スパイダーの割合は40〜50%を見込んでおり(P1は少量生産を予定)、日本市場への12C全体の2013年の販売割り当ては80台とされている。
最後に、将来に向けて販売拡大を目指すのかと尋ねると、氏は「われわれはクルマ造りは熱く、ビジネスは堅実に進めるのです」と笑みを浮かべて答えた。

(文=岩尾信哉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MP4-12Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マクラーレン570Sクーペ(後編) 2016.8.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マクラーレン570Sクーペ」に試乗。レーシングドライバー視点で570Sクーペを語る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る