第114回:【Movie】プ、プ、プ、プジョーだらけの町発見!! 大矢アキオ、捨て身の調査員 フランス東部編

2009.10.24 エッセイ

第114回:【Movie】プ、プ、プ、プジョーだらけの町発見!! 大矢アキオ、捨て身の調査員 フランス東部編

ソショーにあるプジョー博物館「アヴァンテュール・プジョー」。
第114回:プ、プ、プ、プジョーだらけの町発見!! 大矢アキオ 捨て身の調査員 フランス東部編
モンベリアールで。チェーン系家電販売店の前もプジョーだらけ。
第114回:プ、プ、プ、プジョーだらけの町発見!! 大矢アキオ 捨て身の調査員 フランス東部編

♪ととん、豊田は

日本で企業城下町といって、真っ先に思い出すのは愛知県の豊田市である。市内各所にはトヨタに関連するあらゆる施設が点在している。20年近く前のことだが、豊田市ではお祭りの音頭まで「ととん、豊田はくるまの町だ〜」という歌詞で始まるのを知り、ピックリしたのを記憶している。

もちろん欧州にも、自動車産業の街はいくつもある。その代表的なものがフィアットの都・トリノであろう。しかし今日、フィアットの人気モデルである「パンダ」や「500」はポーランドで造られており、トリノで造られる主力モデルは「グランデプント」くらいである。

そもそもイタリアでフィアットグループ各ブランドの市場シェアは、ようやく3割台前半を回復したところだ。参考までに2009年1−9月のシェアはも33.2%にとどまる。トリノといえども、とくに「フィアットばっかり」という印象はない。

次にシュトゥットガルトを見てみよう。ご存知ダイムラーとポルシェの本拠地だ。でもだからといって、街全体がメルセデスとポルシェに占拠されているわけではない。いずれも高級車だから、みんなが乗っているわけないのである。メルセデスの「Sクラス」や「AMG」に関しては、シュトゥットガルトより東京都中央区や世田谷区のほうが多く見かけるといっても過言ではない。
シュトゥットガルトのタクシーには「Eクラス」が多いが、これは初期投資をきちんとし、長年かけて元をとるドライバーが多いからで、シュトゥットガルトに限った話ではない。そういう傾向はドイツ各地でみられる。

ショッピングセンターで発見した「407クーペ」。
第114回:プ、プ、プ、プジョーだらけの町発見!! 大矢アキオ、捨て身の調査員 フランス東部編
こちらの駐車場もプジョー各車が連なっている。
第114回:プ、プ、プ、プジョーだらけの町発見!! 大矢アキオ、捨て身の調査員 フランス東部編
プジョー・ソショー工場をのぞむ。
第114回:プ、プ、プ、プジョーだらけの町発見!! 大矢アキオ、捨て身の調査員 フランス東部編

おはようからお休みまで

そうした街とは対照的に、フランス東部フランシュ・コンテ地方のソショーおよびモンベリアールは、豊田市に近いものがある。なにしろ街を走っているのが、プジョーばかりなのだ。
種を明かせば、フランシュ・コンテはプジョー創業の地。今日でも隣接するアルザスと合わせて、フランス国内自動車生産の9割を担っているエリアなのだ。

現在プジョーのソショー工場では、SW、CCを含む「308」と「3008」が、ミュールーズ工場では「308」と「206プラス(206のフェイスリフト版)」、そして「シトロエンC4」が製造されている。また、工場のそばにあるプジョーの博物館は、1988年の開館以来今日までに、160万人が訪れているという。

以下は、モンベリアール郊外の街路でボクが15分間計測した、通過プジョーの台数である。

1位:「206」7台
2位:「205」「106」「308」各3台
5位:「607」「405」「306」「307」各2台
9位:「307CC」 1台

やはり、206は大ヒット作であったことが、これからもわかる。
また、欧州全体ではドイツ製高級車を前に苦戦し、なかなか見かける機会が少ない“プレミアムプジョー”「407クーペ」も、一帯では1日に何回か見かける。

とにかくライオンマークのクルマばかり。「おはようからお休みまで、ライオン」などという、くだらんことを口にしてしまったボクである。

次に、同じグループのシトロエンも目立つ。

1位:「サクソ」3台
2位:「ピカソ」2台
3位:「C3」「C4」「ベルランゴ」「エグザンティア」「AX」「ZX」各1台

プジョー博物館スタッフのみなさん。ライオンぬいぐるみと。
第114回:プ、プ、プ、プジョーだらけの町発見!! 大矢アキオ、捨て身の調査員 フランス東部編

対するルノーは「クリオ」が6台、「トゥインゴ」1台の、たった7台だった。プジョー25台、シトロエン11台の計36台からすると惨敗である。

参考までに、日本車は「スズキ・エスクード」「三菱パジェロ」各1台だった。フランス車が得意としないカテゴリーというのが、その理由であろう。

実際の様子は動画でご覧いただくとして、モンベリアールやソショーで感じるのは、その「エスニック度」だ。ショッピングセンターにはイスラムの宗教習慣にしたがった食品が並んでいる。カーラジオをひねれば、アラブ語専門ラジオ局が飛び込んできた。
今日ヨーロッパの自動車製造が、多くのナショナリティによって支えられていることを実感させられるエリアでもある。

しかし、残念ながら「プジョー音頭」はついぞ聞こえてこなかった。いっそここはひとつ、作曲して売り込む手もありか?「そそそ、ソショーはプジョーの町だ〜」「ぷぷぷ、プジョーはソショーでつくる〜」。いろんな案がありますぜ。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)


【Movie】ほんとうにプジョーだらけ!
(撮影と編集=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。