【コレはゼッタイ!】トヨタFT-86コンセプトそれでもエコでいてほしい

「クルマは見るより乗るほうが圧倒的に楽しい」という島下泰久がショー会場で注目したのは、トヨタがクルマとしての走りの楽しさを求めたという「FT-86コンセプト」だった。

■多分、買います

元祖ハチロク世代の中年も、とうふ店で知った若者も、みんなが注目する今回の東京の“スター・オブ・ザ・ショー”が「FT-86コンセプト」だろう。トヨタが企画とデザインを行い、開発と生産をスバルが担当する、全長4160mmというコンパクトサイズのFR(=フロントエンジン・リアドライブ)のスポーツカーだ。エンジンは水平対向2リッター直噴NA。「それがハチロクか?」という議論はあるが、間口の広い4座のパッケージングを含めて、多くの人がソソられるスペックなのは間違いない。

気がかりがあるとすれば、いわゆるエコカー的な要素が薄いところだ。相当頑張っているらしい軽量化だけでもホントは十分かもしれないけれど、時代の気分としてはいっそエンジンが1.3リッター直噴ターボだったり、アイドルストップ+αの簡易ハイブリッドだったりしてほしい。スポーツカーだからって別枠にせず、エコでかつ楽しい! と打ち出さないと、みな、買う動機づけが難しいのでは? 2011年に出てくるクルマが、それを外してはダメだ。

あとは名前。「ハチロク」は自然発生的につけられた愛称なので、自ら名乗るのは本当はナシで。僕としては「トヨタ・レビン」と「スバル・トレノ」にしてほしいけど……。スバルでも売るのかな?

冒頭の例で言えば前者の側、ドリキン世代(?)の僕はコレ多分、買います。でもあと2年待つなんて……長い!

(文=島下泰久)

 
トヨタFT-86コンセプト:それでもエコでいてほしいの画像
 
トヨタFT-86コンセプト:それでもエコでいてほしいの画像
 
トヨタFT-86コンセプト:それでもエコでいてほしいの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ86 GT/86 GT“リミテッド”【試乗記】 2016.9.28 試乗記 「トヨタ86」が、デビュー4年目にしてエンジンやドライブトレインに手の加わる大幅なマイナーチェンジを受けた。さまざまなグレードの比較試乗を通し、従来モデルからの進化の度合いや、仕様の違いによる差などを確かめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:TRD/STI編)【試乗記】 2017.10.2 試乗記 日本メーカー直系のスポーツブランドの実力やいかに? NISMOと無限のマシンを紹介した前編に続いては、TRDの手になる特別な「86」と「エスクァイア」、STIがチューンした「インプレッサ」「レヴォーグ」の走りをリポートする。
ホームへ戻る