【コレはゼッタイ!】ロータス・エキシージ ステルススポーツカーはカッコで選べ

燃費の数値が世の最大の関心事となっている感のある今日この頃、クルマ好きに大事なココロを思い出させてくれる1台。こういうクールなクルマを見ると、「そうよ、スポーツカーは格好良くなくっちゃ」と胸が熱くなってくる……はず。

■乗り逃げしたい

理屈ではない。素直にカッコイイ。そしてネーミングが傑作。名前を聞いただけで、私にはもう「陸戦用ステルス戦闘機」にしか見えなくなった。乗って帰りたい……できれば街が静まった深夜に。闇夜を走るこのクルマを想像するだけで、なんか「オペレーション」って感じでタマらない。

このボディペイントはクルマには世界初採用で、単純に色がツヤ消しブラックであるだけでなく、表面がラバー状の特殊塗料なんだとか。資料には「小石による傷に強く、ビロードのように滑らかで温かい手触り」とあるが、残念ながら、忌まわしい取り締まり用レーダーを回避することはできないらしい。まあ当然か。

ボディが黒いだけではない。ホイールも給油口も黒くて、エクステリア全体が見事に真っ黒。黒いボディに、あえて黒の子持ちストライプをあしらっているのも素晴らしい。エキシージ特有の猫背ルーフが戦闘機らしさに拍車をかけているし、専用デザインと思われるリアウイングがまたステルスっぽい。

インテリアもカーボンパーツがテンコ盛りで黒い仕事場風。ベースはエリーゼ系で最速のエキシージSだから、速さやハンドリングに不満があろうはずもない。いやホント、どうしようもなくカッコイイぞ!

ゴールドリーフカラーやクラシカルなストライプカラーをはじめとして、エリーゼ/エキシージにはこれまでも様々な限定車があったが、レトロモチーフでない企画でここまでカッコ良くしたことに、私はつつしんでグッジョブと申し上げたい。このエキシージ ステルスは世界35台限定で日本でも販売されるという。ところで、中古車になったとき、この特殊なメンテが必要なこのボディカラーはどうなってしまうんだろうか……。

(文=佐野弘宗)

ロータス・エキシージ ステルス
ロータス・エキシージ ステルス 拡大

ロータス・エキシージ ステルス:スポーツカーはカッコで選べの画像 拡大

ロータス・エキシージ ステルス:スポーツカーはカッコで選べの画像 拡大

ロータス・エキシージ ステルス:スポーツカーはカッコで選べの画像 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
ホームへ戻る