ロータス・エキシージ ステルス
「ロータス・エキシージ ステルス」スポーツカーはカッコで選べ

【コレはゼッタイ!】ロータス・エキシージ ステルススポーツカーはカッコで選べ

燃費の数値が世の最大の関心事となっている感のある今日この頃、クルマ好きに大事なココロを思い出させてくれる1台。こういうクールなクルマを見ると、「そうよ、スポーツカーは格好良くなくっちゃ」と胸が熱くなってくる……はず。

■乗り逃げしたい

理屈ではない。素直にカッコイイ。そしてネーミングが傑作。名前を聞いただけで、私にはもう「陸戦用ステルス戦闘機」にしか見えなくなった。乗って帰りたい……できれば街が静まった深夜に。闇夜を走るこのクルマを想像するだけで、なんか「オペレーション」って感じでタマらない。

このボディペイントはクルマには世界初採用で、単純に色がツヤ消しブラックであるだけでなく、表面がラバー状の特殊塗料なんだとか。資料には「小石による傷に強く、ビロードのように滑らかで温かい手触り」とあるが、残念ながら、忌まわしい取り締まり用レーダーを回避することはできないらしい。まあ当然か。

ボディが黒いだけではない。ホイールも給油口も黒くて、エクステリア全体が見事に真っ黒。黒いボディに、あえて黒の子持ちストライプをあしらっているのも素晴らしい。エキシージ特有の猫背ルーフが戦闘機らしさに拍車をかけているし、専用デザインと思われるリアウイングがまたステルスっぽい。

インテリアもカーボンパーツがテンコ盛りで黒い仕事場風。ベースはエリーゼ系で最速のエキシージSだから、速さやハンドリングに不満があろうはずもない。いやホント、どうしようもなくカッコイイぞ!

ゴールドリーフカラーやクラシカルなストライプカラーをはじめとして、エリーゼ/エキシージにはこれまでも様々な限定車があったが、レトロモチーフでない企画でここまでカッコ良くしたことに、私はつつしんでグッジョブと申し上げたい。このエキシージ ステルスは世界35台限定で日本でも販売されるという。ところで、中古車になったとき、この特殊なメンテが必要なこのボディカラーはどうなってしまうんだろうか……。

(文=佐野弘宗)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る