ロータス・エキシージ ステルス
「ロータス・エキシージ ステルス」スポーツカーはカッコで選べ

【コレはゼッタイ!】ロータス・エキシージ ステルススポーツカーはカッコで選べ

燃費の数値が世の最大の関心事となっている感のある今日この頃、クルマ好きに大事なココロを思い出させてくれる1台。こういうクールなクルマを見ると、「そうよ、スポーツカーは格好良くなくっちゃ」と胸が熱くなってくる……はず。

■乗り逃げしたい

理屈ではない。素直にカッコイイ。そしてネーミングが傑作。名前を聞いただけで、私にはもう「陸戦用ステルス戦闘機」にしか見えなくなった。乗って帰りたい……できれば街が静まった深夜に。闇夜を走るこのクルマを想像するだけで、なんか「オペレーション」って感じでタマらない。

このボディペイントはクルマには世界初採用で、単純に色がツヤ消しブラックであるだけでなく、表面がラバー状の特殊塗料なんだとか。資料には「小石による傷に強く、ビロードのように滑らかで温かい手触り」とあるが、残念ながら、忌まわしい取り締まり用レーダーを回避することはできないらしい。まあ当然か。

ボディが黒いだけではない。ホイールも給油口も黒くて、エクステリア全体が見事に真っ黒。黒いボディに、あえて黒の子持ちストライプをあしらっているのも素晴らしい。エキシージ特有の猫背ルーフが戦闘機らしさに拍車をかけているし、専用デザインと思われるリアウイングがまたステルスっぽい。

インテリアもカーボンパーツがテンコ盛りで黒い仕事場風。ベースはエリーゼ系で最速のエキシージSだから、速さやハンドリングに不満があろうはずもない。いやホント、どうしようもなくカッコイイぞ!

ゴールドリーフカラーやクラシカルなストライプカラーをはじめとして、エリーゼ/エキシージにはこれまでも様々な限定車があったが、レトロモチーフでない企画でここまでカッコ良くしたことに、私はつつしんでグッジョブと申し上げたい。このエキシージ ステルスは世界35台限定で日本でも販売されるという。ところで、中古車になったとき、この特殊なメンテが必要なこのボディカラーはどうなってしまうんだろうか……。

(文=佐野弘宗)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る