【スペック】370GT:全長×全幅×全高=4945×1845×1500mm/ホイールベース=2900mm/車重=1720kg/駆動方式=FR/3.7リッターV6DOHC24バルブ(333ps/7000rpm、37.0kmg/5200rpm)

日産フーガ370GT/370GT Type S プロトタイプ (FR/7AT)【試乗速報】

スポーティで心地いい 2009.10.23 試乗記 日産フーガ370GT/370GT Type S プロトタイプ (FR/7AT)
まもなくデビューが予定される日産のフラッグシップセダン「フーガ」。発売を前にプロトタイプをクローズドコースで試乗した。

大変身!

発売を間近に控えた「日産フーガ」のプロトタイプ試乗会が、神奈川県横須賀にある「グランドライブ」こと追浜試験場で開催された。グランドライブのゲートを通過し、しばらく進んでいくと、テストコース内に試乗・撮影中の新型フーガが見えた。「いままでのフーガとはずいぶん違うなぁ」というのが正直な印象。何の知識もなく、いきなり見かけたら、フーガということに気づく自信はない。

フロントグリルやウインドウグラフィックに初代フーガの面影は残るものの、プロポーションがガラリと変わった。たとえば、Aピラーを50mm後退させることでロングノーズが強調され、ボディ後半にボリュームが集まるスタイリングに。全幅が40mm拡大される一方、全高が10mm低くなったからだろう、4つのタイヤが路面をガッチリ捉えるようなイメージだ。そして、実車に近づくにつれて、抑揚の効いたボディパネルが、これまでのフーガにはない優雅さ、遊び心を伝えてくる。

そんなイメージ一新の新型フーガは、日本では2.5リッターV6と3.7リッターV6、さらに、ハイブリッド仕様の3本立てとなる見込みで、ガソリンエンジン仕様がまもなく発売され、ハイブリッドは2010年秋の導入予定らしい。駆動方式はFRが基本で、3.7リッターモデルには4WDが設定される。そのなかから、今回試乗できたのは、3.7リッターエンジン搭載の「370GT」と、そのスポーツグレード「370GT Type S」。どちらもFR仕様である。

370GT Type Sの標準内装。
370GT Type Sの標準内装。
3.7リッターV6エンジンは、「スカイライン」と共通のもの。
3.7リッターV6エンジンは、「スカイライン」と共通のもの。
日産フーガ370GT/370GT Type S プロトタイプ (FR/7AT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る