第161回:86台の「トヨタ86」が箱根に集結したイベントにハチロクで参戦

2012.10.22 エディターから一言

第161回:86台の「トヨタ86」が箱根に集結したイベントにハチロクで参戦

86台の「トヨタ86(ハチロク)」が箱根のTOYO TIRESターンパイクに集結した。
第161回:86台の「トヨタ86」が箱根に集結したイベントにハチロクで参戦

箱根のターンパイクを貸し切りにし、86台の「トヨタ86(ハチロク)」が集まるイベントがあるという。その名も“86S”
事前に配られたリリースを見ると、“86S”と書いて、「ハチロックス」と読むらしい。
ちょっと気恥ずかしく、そして懐かしくもある響きだ。
峠に同じクルマのオーナーが集まるという、このイベントに、ハチロクで参加してきた。

一日限りの愛車「トヨタ86 GT“リミテッド”」で参加。
一日限りの愛車「トヨタ86 GT“リミテッド”」で参加。
深夜の海老名サービスエリアで早くも参加者と遭遇。神戸から前日に東京入りして、これから箱根へと向かうとのこと。
深夜の海老名サービスエリアで早くも参加者と遭遇。神戸から前日に東京入りして、これから箱根へと向かうとのこと。
続々と集まるハチロク。
続々と集まるハチロク。

夜明け前のハチロク集会

“86S(ハチロックス)”は、「スポーツカルチャー推進活動」というキャッチフレーズでトヨタが展開している、さまざまな企画のうちのひとつ。2012年10月13日にTOYO TIRESターンパイク(神奈川県小田原市)で開催された。抽選で選ばれた86台のオーナーとは別に、メディア枠として体験参加できるということなので、黒い「86 GT“リミテッド”」のMT車を借り受け、箱根へと向かった。

イベントの集合時刻は午前3時。仕事として捉えると「えー」という時刻だが、こういったオーナーズイベントとしては、なかなかシブい、心得ている時間帯である。
だって、夜中に愛車を走らせて、夜明け前に集うなんて、それだけでちょっと特別な感じでワクワクしてしまうではないか。

イベントが開催された10月13日は土曜日。前日(金曜日)の仕事を終わらせ、ひと休みしてから出発。

初めて乗ったハチロクの印象は、「いとこのお兄ちゃんのクルマ」といった感じ。
小学生の頃、近所に住む10歳年上のいとこが真っ赤な「トヨタ・コロナ」の2ドアハードトップ(7代目のT14#型)に乗っていて、それがとてもカッコよかった。
具体的にどこかが似ているわけではないが、今や絶滅危惧種となった国産スポーツカーに流れる、共通の「血」みたいなものを感じるのかもしれない。

東名高速に乗り、途中の海老名サービスエリアで集合時間まで休憩しようと立ち寄ったら、駐車場には数台のハチロクが。
ひょっとしたら“ハチロックス”の参加者だろうか。
クルマから降りようとしたところ、私が駐車した目の前に神戸ナンバー(!)のハチロクが入ってきた。お話を伺ったところ、やっぱりイベントに向かう途中だとのこと。
また駐車場の向こう側では、ハチロクオーナー同士が、初対面なのだろう、お互いちょっと恥ずかしそうに立ち話をしている姿も見られる。
こんな風に、スタート前からちょっとした出会いがあるのも、オーナーズイベントの楽しみの一つだ。

夜明けとともにパレードが始まった。ずらり並んだハチロクが壮観。
夜明けとともにパレードが始まった。ずらり並んだハチロクが壮観。
トヨタ自動車の多田哲哉チーフエンジニア(写真左)とトヨタマーケティングジャパン 喜馬克治マーケティングディレクター(写真右)。
トヨタ自動車の多田哲哉チーフエンジニア(写真左)とトヨタマーケティングジャパン 喜馬克治マーケティングディレクター(写真右)。
レーシングドライバー大嶋和也(写真左)、影山正彦(写真右)の両氏。
レーシングドライバー大嶋和也(写真左)、影山正彦(写真右)の両氏。

集合場所の早川料金所に到着してしばらくすると、次々にハチロクがやって来た。

イベント最初のプログラムは、「DAWN DRIVE(ドーン ドライブ)」。夜明けのターンパイクを86台のハチロクが隊列を組んで、大観山までドライブするというものだ。

オーナーたちは、イベントのために設けられたミニFM局「FM HACHI-ROCKS」(周波数は86.0MHz!)の指示に従って、一斉にヘッドライトを点灯したり、先頭車から順番にブレーキを踏んでランプのウエーブを作ったりした後、スタート。
2列に並んだハチロクがゆっくりとパレードランを開始した。

このイベントは、2013年に公開予定のハチロク用CMの撮影も兼ねているので、そのカメラカーの後に続いて、われわれメディアチームのハチロクもスタートした。

大観山到着後は開会式。
主催者であるトヨタマーケティングジャパン 喜馬克治マーケティングディレクターのあいさつと、トヨタ自動車の多田哲哉チーフエンジニアとハチロクの開発陣によるトークに続いて、ゲストのレーシングドライバー影山正彦氏、大嶋和也氏が登場。オーナー全員を壇上に招き、順番に握手をした。主催者と参加者の距離感が非常に近い開会式である。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ86 GT/86 GT“リミテッド”【試乗記】 2016.9.28 試乗記 「トヨタ86」が、デビュー4年目にしてエンジンやドライブトレインに手の加わる大幅なマイナーチェンジを受けた。さまざまなグレードの比較試乗を通し、従来モデルからの進化の度合いや、仕様の違いによる差などを確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る