トヨタiQ
2008-2009 トヨタiQ
 
2008-2009 トヨタiQ

2008-2009 トヨタiQ

「iQ」は、2008年10月15日にデビュー(同年11月20日発売)したトヨタのコンパクトカー。 ボディサイズは全長×全幅×全高=2985×1680×1500mmで、ホイールベースは2000mm。軽自動車より短いボディが最大の特徴で、現在国内で新車販売されている4人乗り乗用車の中では最短となる。
パッケージングの工夫により4名の定員を確保。エアコンユニットの小型化やシートの薄型化など、機能性を確保した上で室内空間を最大化したとされる。

パワーユニットは、可変バルブタイミング機構付きの1リッターエンジンに、CVTの組み合わせ。最高出力68ps、最大トルク9.2kgm。10・15モード燃費は23km/リッターと、多くの軽自動車を凌駕する数値をマークする。

デビュー時は、「100X」と「100G」の2モデル構成。その後2009年8月には、「130G」「130G“レザーパッケージ”」などの1.3リッターモデルがラインナップに加わった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る