トヨタiQ
2008-2009 トヨタiQ
 
2008-2009 トヨタiQ

2008-2009 トヨタiQ

「iQ」は、2008年10月15日にデビュー(同年11月20日発売)したトヨタのコンパクトカー。 ボディサイズは全長×全幅×全高=2985×1680×1500mmで、ホイールベースは2000mm。軽自動車より短いボディが最大の特徴で、現在国内で新車販売されている4人乗り乗用車の中では最短となる。
パッケージングの工夫により4名の定員を確保。エアコンユニットの小型化やシートの薄型化など、機能性を確保した上で室内空間を最大化したとされる。

パワーユニットは、可変バルブタイミング機構付きの1リッターエンジンに、CVTの組み合わせ。最高出力68ps、最大トルク9.2kgm。10・15モード燃費は23km/リッターと、多くの軽自動車を凌駕する数値をマークする。

デビュー時は、「100X」と「100G」の2モデル構成。その後2009年8月には、「130G」「130G“レザーパッケージ”」などの1.3リッターモデルがラインナップに加わった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る