ホンダ・フィット
2007-2008 本田技研工業・フィット
 
2007-2008 ホンダ・フィット

2007-2008 ホンダ・フィット

2001年6月、ホンダのコンパクトカー「ロゴ」の後継モデルとしてデビューしたのが「フィット」だ。
その初代モデルは、2001-2002年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。2002年には「トヨタ・カローラ」から年間販売台数トップの座を奪いベストセラーとなった。
2007年10月には2代目へとバトンタッチ。「センタータンクレイアウト」や「ウルトラシート」といった初代のアピールポイントはそのままに、デザイン、使いやすさ、動力性能、経済性など、全方位的な正常進化を図り、こちらも同賞受賞と相成った。

完全新設計のエンジンは、1.3リッター(100ps/6000rpm、13.0kgm)と1.5リッター(120ps/6600rpm、14.8kgm/4800rpm)「i-VTEC」ユニットの2本立て。トランスミッションは、FFがCVT、4WDは5段AT、1.5リッターの「RS」(FF)には5段MTも用意された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る