レクサスLS460
2006-2007 トヨタ・レクサスLS460
 
2006-2007 トヨタ・レクサスLS460
 
2006-2007 トヨタ・レクサスLS460

2006-2007 レクサスLS460

「レクサスLS460」は、トヨタ自動車が手がける高級セダン。
日本国内では1989年以来「セルシオ」の名でトヨタ車の頂点に君臨してきたモデルで、この4代目からはプレミアムブランド、レクサスのフラッグシップとして販売された。

全長×全幅×全高=5030×1875×1465mm、ホイールベース=2970mmで、先代(セルシオ)よりひとまわり大きい体躯をもつ。
エンジンは、トヨタ製V8エンジンとしては17年ぶりの新開発となるV8 4.6リッターユニット。電動可変バルブタイミング機構をもち、385ps/6400rpm、51.0kgm/4100rpmを発生する。トランスミッションには、世界初となる8段ATが組みあわせられた。優れた加速だけでなく、燃費や静粛性にも貢献するとされる。

足まわりは、アルミニウムを多用しバネ下重量を軽減させた新開発のマルチリンクエアサスペンション(前後)。車速によりギア比を可変するVGRS(バリアブル・ギア・レシオ・ステアリング)と、VSC、ABS、TRCなどの電子制御デバイスを統合制御するVDIMも標準で備わり、走りをサポートする。

「レクサスを極める」という命題のもとに、すべてにおいて世界最高水準を目指したという入魂の高級サルーンである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。