2004-2005 ホンダ・レジェンド

「レジェンド」は、ホンダの最上級セダン。初代が生まれたのは1985年のことで、4ドアセダンから2ドアハードトップを派生させ、1990年には最初のフルモデルチェンジを実施(クーペは翌年)。1996年に3代目へと進化してからは、「オデッセイ」を火付け役にするミニバンブームのあおりを受けてか、以後約8年もの間ライフを保ってきた。当モデルは4代目にあたる。

セリングポイントは、数々の“初もの”技術。撤廃された業界の馬力自主規制「280ps」を上回った初めてのモデルとして、300psを発生する3.5リッターV6「VTEC」ユニットを採用。これに、高らかに世界初を謳う、駆動力を前後のみならず後輪左右でも可変する四輪駆動システム「SH-AWD(Super Handling All-Wheel-Drive)」を組み合わせたパッケージとなる。

さらに、これまた世界初という、歩行者を検知しドライバーに知らせる安全装置「インテリジェント・ナイトビジョンシステム」をメーカーオプションとして用意する。

ボディ骨格の約50%に高張力鋼板(ハイテン材)を用いたのに加え、各所にアルミニウム、マグネシウム、プロペラシャフトにはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)など軽い素材を配し軽量化を図ったのも自慢だ。

ホンダ・レジェンド
ホンダ・レジェンド
 
2004-2005 ホンダ・レジェンドの画像
 
2004-2005 ホンダ・レジェンドの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レジェンドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • 【デトロイトショー2018】ホンダ、新型ハイブリッドセダン「インサイト」プロトタイプを世界初公開 2018.1.16 自動車ニュース アメリカン・ホンダモーターは2018年1月15日、米国・デトロイトで開催されている2018年北米国際自動車ショー(開催期間:2018年1月14日~28日)で、新型ハイブリッドセダン「インサイト」のプロトタイプモデルを世界初公開した。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る