スバル・レガシィ
2003-2004  スバル・レガシィ

2003-2004 スバル・レガシィ

1989年に初代が誕生したスバルを代表するスポーツセダン/ツーリングワゴン。2003-2004の日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは4代目にあたるモデルだ。

それまで5ナンバーサイズを死守してきた車体の全幅を1730mmに拡大したことで、同モデル初の3ナンバーサイズとなった。全幅アップは、衝突安全性の向上が大きな理由だったが、5ナンバーサイズの呪縛から解かれた開発者は、車体の軽量化や、タイヤの切れ角アップを同時に実現。結果、4代目はそれ以前のモデルより車重が軽く、実用性も向上した。

さらに4代目では、それまで不等長だったエキゾーストマニフォールドの長さを調整し、等長等爆式とした。その結果、排気干渉が解消され、スムースな加速フィールを実現。定評あるシャシー系にも改良が施され、走りの質感がさらに高められた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る