スバル・レガシィ
2003-2004  スバル・レガシィ

2003-2004 スバル・レガシィ

1989年に初代が誕生したスバルを代表するスポーツセダン/ツーリングワゴン。2003-2004の日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは4代目にあたるモデルだ。

それまで5ナンバーサイズを死守してきた車体の全幅を1730mmに拡大したことで、同モデル初の3ナンバーサイズとなった。全幅アップは、衝突安全性の向上が大きな理由だったが、5ナンバーサイズの呪縛から解かれた開発者は、車体の軽量化や、タイヤの切れ角アップを同時に実現。結果、4代目はそれ以前のモデルより車重が軽く、実用性も向上した。

さらに4代目では、それまで不等長だったエキゾーストマニフォールドの長さを調整し、等長等爆式とした。その結果、排気干渉が解消され、スムースな加速フィールを実現。定評あるシャシー系にも改良が施され、走りの質感がさらに高められた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る