スバル・レガシィ
2003-2004  スバル・レガシィ

2003-2004 スバル・レガシィ

1989年に初代が誕生したスバルを代表するスポーツセダン/ツーリングワゴン。2003-2004の日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは4代目にあたるモデルだ。

それまで5ナンバーサイズを死守してきた車体の全幅を1730mmに拡大したことで、同モデル初の3ナンバーサイズとなった。全幅アップは、衝突安全性の向上が大きな理由だったが、5ナンバーサイズの呪縛から解かれた開発者は、車体の軽量化や、タイヤの切れ角アップを同時に実現。結果、4代目はそれ以前のモデルより車重が軽く、実用性も向上した。

さらに4代目では、それまで不等長だったエキゾーストマニフォールドの長さを調整し、等長等爆式とした。その結果、排気干渉が解消され、スムースな加速フィールを実現。定評あるシャシー系にも改良が施され、走りの質感がさらに高められた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(後編) 2017.12.21 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スバルWRX STI」に試乗する。ドライブトレインや足まわりの熟成が一段と進んだ最新型のフットワークやいかに? 谷口視点でクールに解説する!
  • スバル、ターボエンジンを搭載したBRZを発表【ニューヨークショー2015】 2015.4.2 自動車ニュース STIの事業内容を1台で表現。「スバルBRZ」にターボエンジンのコンセプトカー。
ホームへ戻る