ホンダ・アコード
2002-2003 ホンダ・アコード/アコードワゴン

2002-2003 ホンダ・アコード/アコードワゴン

2002年10月、7代目に生まれ変わったアコード・セダンは、ワゴンとともにヨーロッパ仕様と共通デザインになって、ここで再びボリューム感を増した3ナンバーサイズへと上級移行した。車体の空力性能向上も重要なポイント。搭載エンジンは従来の1.8を外して、2.0(セダンのみ)と2.4にシフトした直列4気筒DOHC16バルブPGM-FI i-VTECの、K20A型1998cc(155ps。4WDは152ps)、またはK24A型2354cc(200ps)。トランスミッションは5段ATのSマチックを用い、駆動方式はFFまたはリアルタイム4WD(2.0のみ)とした。

このほかにスポーツセダンたるユーロ-Rの設定もあり、こちらは専用チューンの1998cc(220ps)+6段MTを載せ、足まわりの強化やドレスアップも施した。そのサスペンションは前:ダブルウィッシュボーン/コイル、後:5リンク・ダブルウィッシュボーン/コイル(ワゴンは専用のトレーリングアーム・ダブルウィッシュボーン)。高速道路での運転者支援システムHiDSを新採用。

このあとビエラ、COTY受賞記念車、アルマス、スポーツパッケージなどを設定。2005年11月にはセダン/ワゴンのタイプSを新設しつつ車種編成を絞り込んだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2016.11.17 画像・写真 FCAは2016年11月16日、LAショーで新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」を発表した。今回は2.9リッターV6ツインターボエンジン(510ps)を搭載する4WDモデルの「ステルヴィオ クアドリフォリオ」が公開された。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る