ホンダ・シビック
2000-2001 ホンダ・シビック/シビック・フェリオ/ストリーム

2000-2001 ホンダ・シビック/シビック・フェリオ/ストリーム

■ホンダ・シビック

シビックの7世代目は5ドアハッチバックと、4ドアセダンのシビック・フェリオの二本立てで2000年9月に発売。翌2001年12月(発表は10月)からは英国工場製3ドアハッチバックのタイプRを復活、さらに同月発表発売でハイブリッド(4ドア)を誕生させた。

ここに取り上げた5ドアは、ハッチバックというよりもミニバンにより近いものとなったことが特徴的。ホイールベースを2680mmへ延ばし、全長×全幅×全高=4285×1695×1495mmの外寸の中でビッグキャビンを得たのは、パワーユニットや足まわりを極力コンパクトにまとめたから。FF車ではフラットフロアも実現し、前後左右席の移動も可能に。
エンジンはVTEC SOHC16バルブを中心に2サイズ4種類を使い分ける。それは1.7リッター(130ps)、1.5リッター(115ps)、同リーンバーン(105ps)、そしてベーシックユニットとしてVTECではない1.5リッター(105ps)。トランスミッションは無段変速ATホンダマルチマチックSまたは4段オートマチック、駆動方式はFFまたはリアルタイム4WD。前ストラット、後ダブルウィッシュボーンのサスペンションは新開発された。

ホンダ・ストリーム
2000-2001 ホンダ・シビック/シビック・フェリオ/ストリーム

■ホンダ・ストリーム

2000年10月に誕生した5ナンバーサイズ7人乗りの新型ミニバン。シビックから採用したショートノーズで低重心・低床フラットフロアの新型グローバル・コンパクトプラットフォームを使い、3列シート7人乗りを実現。
ミニバンとしては全高を抑えたステーションワゴンライクな面と、スポーティーな走りにこだわったところが特徴。市場に出るやたちまちヒット作となり、これとよく似た「トヨタ・ウィッシュ」を生み出す結果になった。

前端部にコンパクトに収まったエンジンは、新i-シリーズの第一弾、4気筒DOHC16バルブi-VTECのK20A型1998cc・FF(154ps)/4WD(158ps)をはじめ、SOHC16バルブVTECのD17A型1668cc(130ps)も採用。駆動はFFまたはリアルタイム4WD。トランスミッションは1.7が4段AT、2.0FFが5段AT・Sマチック、2.0・4WDは4段AT・Sマチックで、すべてインパネシフト。足まわりは前輪がトーコントロールリンクストラット、後輪はリアクティブリンクダブルウィッシュボーンの4輪コイル独立。

一部変更やアルマス、特別仕様車設定のあと、2003年9月にはアブソルートを追加。その3カ月後にはアブソルート直噴モデルを加えた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。