三菱ギャラン
1996-1997 三菱ギャラン/レグナム
 
1996-1997 三菱ギャラン/レグナム
 
1996-1997 三菱ギャラン/レグナム

1996-1997 三菱ギャラン/レグナム

■三菱ギャラン

96年8月にフルモデルチェンジし、8代目となったギャラン。
トヨタ・コロナや日産ブルーバードと同クラス、セグメントDに属するセダンながら、先代以来の3ナンバーサイズのボディに、上級モデルには2.5リッターのエンジンを積むことで、1クラス上をアピールする。ボディスタイリングは極めてアグレッシブだが、やや劇画的な印象は否めない。
デビュー当初の主力機種は、世界初の直噴ガソリンエンジンGDIを搭載する1.8リッター版だったが、GDIユニットはのちに2.4リッターに拡大された。

搭載ユニットは、上記のGDIの他はすべてV6で、2リッター145ps、2.5リッター4カム175ps、2.5リッター4カム+ターボチャージャー280ps(5MT)/260ps(4AT)。トランスミッションは通常の5段MTのほか、+(アップ)、−(ダウン)にシフトすることで、積極的なマニュアルチェンジを可能とする、ポルシェ・ティプトロニック式のフルオートマチック、INVECS-IIが採用された。同時にデビューしたレグナムは、新たに設定されたワゴン版で、バリエーションなどはギャランと共通。

 

■三菱レグナム

96年8月のギャランのフルチェンジに際して誕生した、5ドアの新型ステーションワゴン。ギャランと共通できつい表情の顔をもつボディの外寸は、セダンと比べて全高がやや高く、リアオーバーハングは若干延ばされラゲッジスペースを稼いだ。

パワーユニットは、ギャランとともに筒内噴射ガソリンエンジンを初めて実用化したことが大きい。そのGDIユニットは直列4気筒DOHC16バルブ1.8リッター4G93型150psで、このほかはV6ユニットの2リッターまたは2.5リッター(SOHCとDOHC)、計3サイズ5チューンを使い分ける。
変速機は5段MTまたは4段AT、駆動はFFまたはフルタイム4WD。セダンとは異なり、レグナムでは4WDの方が多くのバリエーションを擁する。前後ともマルチリンク式のサスペンションには、ワゴンということからリアの荷重変化に備え、セルフレベリング機構がオプション設定された。

翌1997年はヴィエントを加え、さらに1998年、特別仕様車としてスーパーVR-4やアメリカンカスタムなど派手なバリエーションを設定。1998年8月にフェイスリフトが施され、2000年5月には1.8リッターエンジンを2.0リッターGDIに換装した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。