日産マーチ
1992-1993 日産マーチ
 
1992-1993 日産マーチ
 
1992-1993 日産マーチ

1992-1993 日産マーチ

1983年に初代がデビューして以来、約9年ぶりとなる1992年1月、初のフルチェンジを果たしたマーチ。パイクカー、Be-1の影響を受けたと思しき曲面を多用したボディは非常に可愛らしく、しかも息の長いデザインとされた。ボディサイズに対して全高を高くとり、ホイールベースを伸ばしたことで、優れたパッケージングを得ている。
“走る・曲がる・止まる”の基本要素について、またパッシブセーフティーについても、ベーシックカーであることに逃げず、それまでの日本製小型車のレベルを大きく超えたワールドワイドの本格的Aセグメントカーとなった。

フロントに横置きされ、前輪を駆動するエンジンは、すべて4気筒DOHC16バルブで1リッターと1.3リッターの2本立て。マニュアルトランスミッションは両者に共通して5段MT、オートマチックは1リッター廉価版には通常のトルクコンバーター式4段ATと、1リッター上級版および1.3リッターには電子制御CVTが組み合わされた。

また、イギリス工場で生産されるマーチは「マイクラ」と名付けられ、欧州マーケットでも大ヒット作となると同時に、欧州デビュー年には日本メーカーとしては史上初のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞、日本カー・オブ・ザ・イヤーの受賞と併せてダブルタイトルを獲得した。
1997年には電動ソフトトップ付のカブリオレが、そして1999年にはテールを延長したワゴン“マーチ・ボックス”が追加された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。