トヨタ、プリウスなどに手直し 新グレードも

2012.10.22 自動車ニュース

トヨタ、「プリウス」などに手直し 新グレードも

トヨタ自動車は、「プリウス」「プリウスPHV」「プリウスα」の3モデルについて、装備・仕様の変更や新グレードの追加を実施。「プリウス」と「プリウスα」は2012年10月22日に、「プリウスPHV」は2012年11月1日に発売する。

今回、ベーシックグレード「L」を除く「プリウス」の全車に、「アクセサリーコンセント」がオプション設定された。これは、センターコンソールと荷室にAC100V電源を付け加えるもので、1500Wまで使用可能。停電などの緊急時には、車両から電気を供給できるようになる。

また、ボディーカラーやインテリアカラー、シートカラーなどを自由に組み合わせることで、合計216通りの中から好みのカラーコーディネートが選べる特別仕様車「S“マイコーデ”」「S“ツーリングセレクション マイコーデ”」も発売された。
ベースグレードは「S」。色の組み合わせのほか、スーパーUVカットガラスやクロム調加飾付きのホイール、サイドガーニッシュも特別に与えられる。

価格は「S“マイコーデ”」が243万円で、「S“ツーリングセレクション マイコーデ”」が263万円。いずれもベースモデルより11万円高となる。

プラグインハイブリッド車の「プリウスPHV」については、ビジネスユースを念頭においたベーシックグレード「L」が新たにラインナップに加えられた。また「L」を除く全車に、上記「アクセサリーコンセント」と、給電口から電気を取り出せるようになる「ヴィークルパワーコネクター」がセットオプションとして設定され、ステアリングホイール上にあるボタン操作を計器盤に映し出す「タッチトレーサーディスプレイ」や「ステアリングヒーター」も与えられた。
価格は「L」の305万円から「G“レザーパッケージ”」の420万円まで。

「プリウスα」は、3列シートの7人乗り仕様車に対して、新グレード「S」(270万円)、「S“ツーリングセレクション”」(300万円)、「G“ツーリングセレクション”」(320万円)が設定された。

(webCG)

「プリウス」
「プリウス」
「プリウスPHV」
「プリウスPHV」
「プリウスPHV」の新オプション「ヴィークルパワーコネクター」の使用イメージ。
「プリウスPHV」の新オプション「ヴィークルパワーコネクター」の使用イメージ。
「プリウスα」
「プリウスα」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る