マツダ・カペラ
1982-1983 マツダ・カペラ/テルスター
 
1982-1983 マツダ・カペラ/テルスター
 
1982-1983 マツダ・カペラ/テルスター

1982-1983 マツダ・カペラ/テルスター

3世代目のカペラは1982年に発表された。
それまでの後輪駆動から前輪駆動となったことが大きな変更点。

同時に発表されたフォード版の“テルスター”には、このカペラのほとんどの部分を流用する。1.6、1.8、2.0リッターのマグナム・シリーズと呼ばれる新開発のエンジンラインナップも同様である。

先代では2ドアハードトップだったものが、ここから2ドアクーペに変わった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。