大きめサイズのスズキのセダン「キザシ」誕生

2009.10.22 自動車ニュース
「スズキ・キザシ」
大きめサイズのスズキのセダン「キザシ」誕生

大きめサイズのスズキのセダン「キザシ」誕生

スズキは2009年10月21日、第41回東京モーターショーの会場で新型車「キザシ」を発表。同日に発売した。


大きめサイズのスズキのセダン「キザシ」誕生

■スズキの新たなフラッグシップ

キザシは、2007年9月のフランクフルトショーに出展された「スズキ・キザシ・コンセプト」の市販バージョン。「世界の市場に向けて新しいクルマ作りに挑戦する“兆し”」の意味を込めたというとおり、小型車を得意とするスズキにとっては、上級セダンへの初ステップとなる。

目指したのは、スポーティなハンドリングと快適な乗り心地の両立。2.4リッターエンジンや多くの快適装備を武器に、Dセグメント市場に参入する。
ラインナップはモノグレードで、FFモデルが278万7750円、4WDモデルが299万7750円。どちらも受注生産車である。


大きめサイズのスズキのセダン「キザシ」誕生

■スポーティさと力強さがウリ

コンセプトカー時代よりは大幅に丸められたキザシのエクステリアデザインは、既存の「SX4セダン」に近づいた。ボディサイズも全長×全幅×全高=4650×1820×1480mm(ホイールベース=2700mm)と、SX4セダンよりひとまわり大きなポジションにおさまる。
とはいえ、フロントおよびリアトランク周りの造形に抑揚をもたせたり、サイドのショルダーラインを強調したりと、スポーティさや力強さは意識的に盛り込まれた。インテリアも同様に、サテンメッキの装飾を施したインストゥルメントパネルやダブルステッチの本革シートで、上質感を狙ったという。


大きめサイズのスズキのセダン「キザシ」誕生

■エスクード譲りの心臓

そのボディを引っ張るのは、同社の本格オフローダー「エスクード」にも搭載される、2.4リッター直4ユニット。ただしアウトプットは、エスクードよりも22ps勝る188ps/6500rpmと、0.6kgm控えめな23.5kgm/4000rpmとなっている。可変吸気システムやデュアルマフラーなどを採用し、優れた排気効率を実現したという。
組み合わされるトランスミッションはCVTのみ。足まわりはフロントがマクファーソンストラットでリアがマルチリンク式。駆動方式はFFと4WDが用意され、4WDモデルは電動パワーステアリングと電子制御4WDシステムを統合制御してクルマの挙動を安定させる機能がつく。


大きめサイズのスズキのセダン「キザシ」誕生

■快適装備も新たな兆し

装備面もクラス相応の充実ぶりを見せる。左右のフロント&リア&サイド&カーテンエアバッグに加え、運転席のニーエアバッグと、標準で計9個ものエアバッグが備わるのは、スズキ初。
運転席と助手席のパワーシートは、それぞれ10ウェイと4ウェイで、4WDモデルにはシートヒーターも標準。クルーズコントロールや前後のパーキングセンサーといった装備と相まって、快適なドライブをサポートする。

かような内容で、さらに上を目指そうというスズキ・キザシ。今後は新しいフラッグシップとして、北米市場への投入も予定されるとのことだ。

(webCG 関)

関連記事
  • スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】 2009.12.4 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
    ……302万9250円

    2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る