スバルのコンセプトカーは「どこかで見たような……!?」

【会場リポート】スバルのコンセプトカーは「どこかで見たような……!?」

スバルは、水平対向の直噴ターボユニットにモーターを組み合わせた、ハイブリッドのコンセプトカーなどを出展した。

「スバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」。
スバルのコンセプトカーは「どこかで見たような……!?」
上に跳ね上がるドアは斬新なれど、そのスタイルはどこか他車を思わせる。
スバルのコンセプトカーは「どこかで見たような……!?」
EVにより親しんでもらうよう人気のセレクトショップと共同開発したという、「プラグイン ステラ feat. BEAMS」。
スバルのコンセプトカーは「どこかで見たような……!?」

■ボクサーHVとビームスEV

漆黒の空間に白い光の輪を描き、中にクルマを置いたスバルのブースは、さながら天空の六連星。その中央奥にあるステージで、森郁夫社長のプレスブリーフィングは始まった。

近況紹介、トヨタ・ダイハツとのアライアンス状況、モーターショーの出展車概要という順序でスピーチは進んだ。近況紹介では、欧州市場向けディーゼル、新世代CVT「リニアトロニック」、電気自動車「プラグインステラ」と、環境問題にも積極的に対応していることをアピール。アライアンスではもちろん、トヨタと共同開発のFRスポーツカーにも触れていた。

そして今回のショーの主役ということで、壇上に置かれたコンセプトカーが紹介されたのだが、その名は「ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」と、サッカー日本代表の愛称「サムライブルー」を連想させる、ありきたりな名前。
デザインも、前後に長いガルウイングドアは1960年代のランボルギーニのコンセプトカー「マルツァル」を思わせるし、リアスタイルはアルファ・ロメオの「ブレラ」そっくり。コンセプトカーなのに、どこかで見たようなカタチをしている。

水平対向エンジンを直噴ターボ化し、左右対称4WDシステムを核に前後にモーターを装備したハイブリッドシステムはスバルらしく、オリジナリティもある。ただし森社長の言葉によれば、ハイブリッドの発売は2012年だという。
新鮮さでいけば、右隣に展示されていた「プラグイン ステラ feat. BEAMS」のほうが上だ。スバルではインプレッサに続くビームス仕立てだが、ポップなグラフィック、グリーンのホイール、モノトーンのインテリアなど、見るべき点は多い。

モーターショーは持ち前の技術を「見せる場」である。だからこそスバルには「見せる力」を磨いてほしいと思った。共同開発したFRスポーツカーに「ハチロク」と名づけたトヨタのセンスをアライアンスから吸収し、ボクサー・ハイブリッドに似合うスタイリングとネーミングを創造してもらいたい。

会場には、SUPER GT選手権を戦う「レガシィB4」のレーシングカーも展示された。
スバルのコンセプトカーは「どこかで見たような……!?」

(文と写真=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。