第11回:「リーフ」は暑いのも苦手

2012.10.24 リーフタクシーの営業日誌

第11回:「リーフ」は暑いのも苦手

(写真=郡大二郎)
第11回:「リーフ」は夏も苦手

今年の夏は「リーフ」でお仕事

斉藤孝良さんからの電話が鳴ったのは、ちょっと休憩、と、北の丸公園の木陰にタクシーを止めたときである。
「腹、痛いんスよ。すっごく。はんぱじゃないんッスよ。病院行った方がいいッスかね」

苦痛で顔が歪(ゆが)んでそうなのが電話越しにもわかる感じで腹痛を訴える斉藤さん。3の話を10に膨らませて喋るのがいつもの斉藤さんだけど、今回ばかりは本当につらそうな感じだった。

下痢じゃなさそうだし、結石とも違うみたいだし、大げさっぷりを差し引いても、これはただ事じゃないです、みたいな痛がりようだった。
医者に診てもらいなよと言って電話を切り、次に斉藤さんから報告の電話がかかってきたのは夕方だった。

「しばらく入院することになりました。膵臓(すいぞう)がひどいことになってるみたいっス」

こうして、斉藤さんが緊急入院したのは、今年の夏も猛暑日が続くかも、とか言ってた夏本番前のこと。そんな事情で、この夏、リーフタクシーは、斉藤さん抜きで、もっぱら俺がひとりで担当した。

リーフ。「寒いのは苦手」と書いたけど、実は、暑いのも苦手である。

ラジオのニュースが「関東地方が梅雨明けしたもよう」と伝え、群馬県館林市で最高気温39度を記録した7月17日。東京も猛烈な暑さで、リーフのエアコンは全開である。

フル充電状態で板橋区内にあるわが社をスタートしたのは午前9時。その4時間半後、リーフは、急速充電施設のある千代田区役所の地下駐車場に入っていた。4時間半。数字だけから判断するとずいぶん走ったようだけど、バッテリー残量、最後の1目盛りを残した状態での走行距離は60kmジャスト。ヒーターを使う真冬の40kmに比べればマシだけど、満タンで60kmしか走らないのは、タクシーとしてはやっぱりつらい。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、 ノンフィクションライターに。自動車専門誌『NAVI』(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同『CAR GRAPHIC』(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 『自殺-生き残りの証言』(文春文庫)、『通信簿はオール1』(洋泉社)、 『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • 第492回:電気自動車ならではの強みを生かす
    新型「日産リーフ」の先進装備はここがスゴイ!
    2018.3.30 エディターから一言 「新型『リーフ』の開発秘話を話すので、本社に来てください」 そんな妙な(?)お招きをいただき、webCG取材陣は横浜市にある日産のグローバル本社へ。自動駐車機能とワンペダルドライブに関するうんちくを聞いてきました。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
ホームへ戻る