第11回:「リーフ」は暑いのも苦手

2012.10.24 エッセイ

第11回:「リーフ」は暑いのも苦手

(写真=郡大二郎)
第11回:「リーフ」は夏も苦手

今年の夏は「リーフ」でお仕事

斉藤孝良さんからの電話が鳴ったのは、ちょっと休憩、と、北の丸公園の木陰にタクシーを止めたときである。
「腹、痛いんスよ。すっごく。はんぱじゃないんッスよ。病院行った方がいいッスかね」

苦痛で顔が歪(ゆが)んでそうなのが電話越しにもわかる感じで腹痛を訴える斉藤さん。3の話を10に膨らませて喋るのがいつもの斉藤さんだけど、今回ばかりは本当につらそうな感じだった。

下痢じゃなさそうだし、結石とも違うみたいだし、大げさっぷりを差し引いても、これはただ事じゃないです、みたいな痛がりようだった。
医者に診てもらいなよと言って電話を切り、次に斉藤さんから報告の電話がかかってきたのは夕方だった。

「しばらく入院することになりました。膵臓(すいぞう)がひどいことになってるみたいっス」

こうして、斉藤さんが緊急入院したのは、今年の夏も猛暑日が続くかも、とか言ってた夏本番前のこと。そんな事情で、この夏、リーフタクシーは、斉藤さん抜きで、もっぱら俺がひとりで担当した。

リーフ。「寒いのは苦手」と書いたけど、実は、暑いのも苦手である。

ラジオのニュースが「関東地方が梅雨明けしたもよう」と伝え、群馬県館林市で最高気温39度を記録した7月17日。東京も猛烈な暑さで、リーフのエアコンは全開である。

フル充電状態で板橋区内にあるわが社をスタートしたのは午前9時。その4時間半後、リーフは、急速充電施設のある千代田区役所の地下駐車場に入っていた。4時間半。数字だけから判断するとずいぶん走ったようだけど、バッテリー残量、最後の1目盛りを残した状態での走行距離は60kmジャスト。ヒーターを使う真冬の40kmに比べればマシだけど、満タンで60kmしか走らないのは、タクシーとしてはやっぱりつらい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、 ノンフィクションライターに。自動車専門誌『NAVI』(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同『CAR GRAPHIC』(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 『自殺-生き残りの証言』(文春文庫)、『通信簿はオール1』(洋泉社)、 『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

関連記事 ホームへ戻る