日産ブースにて。新型電気自動車「リーフ」を前にニッコリのカルロス・ゴーン社長。
日産は、ゼロエミッションに向けて全開!

【会場リポート】日産は、ゼロエミッションに向けて全開!

前回、2007年の東京モーターショーではハイパフォーマンスカー「GT-R」を発表して話題を集めた日産。2年後の今回は一転、電気自動車(EV)を前面に出した展示内容となった。

「ゼロエミッションへのアクションを実行するのは、まさにいまなのです」。ゴーン社長のプレスカンファレンスに力が篭る。
日産は、ゼロエミッションに向けて全開!
EVのコンセプトカー「ランドグライダー」と、市販が待たれる「リーフ」(写真奥)。
日産は、ゼロエミッションに向けて全開!
新型「フーガ」も発売前にお披露目された。写真は、さらに一年後追加予定のハイブリッドバージョン。
日産は、ゼロエミッションに向けて全開!

■排ガスゼロが大本命

「Zero Emission」の大きなロゴに囲まれた、2009年の日産ブース。カルロス・ゴーン社長は姿を見せるや、これからの社会で必要とされる環境対応型の乗り物として、EVの重要性を力説。「これから日産は、量販を前提にしたゼロエミッションビークルを幅広くリリースします」とさらに語気を強めた。

同社は今年8月、世界初の“リーズナブルな”EVとして「リーフ」を発表したばかり。このモーターショーでもその企業姿勢を示すシンボルであるかのようにメインステージの両翼に置かれた同モデルは、2010年初頭から予約が始まり、年内には市販化される予定だ。

今回の目玉となるコンセプトカーも、当然のごとくEVである。「ランドグライダー」は、前後2名乗車の細いボディがもたらす機動力と、コーナリングのたびに車体を傾ける斬新な運転感覚などがアピールポイント。都市生活者を中心に、EVのさらなる可能性を示すモデルだという。
ほかにもEV商用車の開発にも着手するなど、2年前に自ら予言した「オール電化時代」に向けての有言実行ぶりを見せつけた。

さらに、プレゼンテーションの場では、EV開発の要になるといわれるバッテリーについても言及。NECと協力してのリチウムイオンバッテリー開発にとどまらず、リサイクルやリユースといったバッテリーの再利用法も研究が進んでいるとアピールした。

とはいえ、EVがユーザーにとって親しみあるものになるのは、来年以降のことのよう。より現実的な新型車として、まもなくデビューが予定されている新型「フーガ」と軽自動車の「ルークス」も出展され、ブースに華を添えた。

(webCG 関)

こちらはフーガのハイブリッドシステム。モニターにあるように、2つのクラッチでエンジンとモーターの動力を切り替えるのがミソ。
日産は、ゼロエミッションに向けて全開!
先に海外でデビューしたコンセプトカー「カザーナ」も本邦初公開。特異なルックスで注目を集めた。
日産は、ゼロエミッションに向けて全開!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。