三菱、モーターで走るクルマに注力!【会場リポート】

【会場リポート】三菱、モーターで走るクルマに注力!

三菱自動車は、電気自動車とプラグインハイブリッドのラインナップを拡充すると宣言した

「i-MiEVカーゴ」
三菱、モーターで走るクルマに注力!【会場リポート】

三菱、モーターで走るクルマに注力!【会場リポート】
「コンセプトPX-MiEV」
三菱、モーターで走るクルマに注力!【会場リポート】

■電気自動車はまだまだ続く

2009年7月に電気自動車の販売をスタートした三菱自動車は、今後さらに「モーターで走るクルマ」に注力していくという。「i-MiEV」は、2009年度に企業向けに600台を販売。2010年にはいよいよ一般向け販売が始まり、輸出もスタートする。

そんなi-MiEVの新たな使い方を提案するのが、「i-MiEVカーゴ」。i-MiEVの基本メカニズムはそのままに、車体後方を四角くデザインしなおすことで、広々したフリースペースを実現。配達業務などのビジネスユースや幅広い趣味をもつ一般ユーザーに電気自動車の魅力を訴求する。

もう1台の初公開モデルは、「コンセプトPX-MiEV」。電気自動車のメカニズムに発電・駆動の両方を行うエンジンを組み合わせたプラグインハイブリッドで、電気自動車の弱点である航続距離の大幅アップを目指す。

搭載する「三菱プラグインハイブリッドシステム」は、中低速域では駆動用バッテリーの電力によるEVモードで走行し、バッテリー残量が低下するとエンジンが自動的に発電を開始、電気を生み出しながら走行する。さらに高速走行時にはエンジンとモーターの両方で駆動を行う。このように走行状況によりエンジンの役割を発電・駆動・停止と適宜切り替えることで、クリーンで快適な走りを実現するという。

三菱自動車の益子修社長は、2013年にはプラグインハイブリッド車を市場投入し、さらに将来登場する新しい小型車に、電気自動車バージョンを設定することを明かした。そして2020年頃までに、電気自動車とプラグインハイブリッドの割合を全体の2割程度まで引き上げたいと目標を語った。

(webCG 曽宮)

三菱、モーターで走るクルマに注力!【会場リポート】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。