【スペック】全長×全幅×全高=4505×1895×1220mm/ホイールベース=2605mm/車重=1480kg/駆動方式=FR/4.8リッターV10DOHC40バルブ(560ps/8700rpm、48.9kgm/6800rpm)※数値は全てプロトタイプのもの

レクサスLFA プロトタイプ(FR/6AT)【海外試乗記】

感動モノ 2009.10.21 試乗記 レクサスLFA プロトタイプ(FR/6AT)

2005年にコンセプトカーとして発表された和製スーパースポーツが、いよいよ市販化。560psのV10エンジンを搭載する「レクサスLFA」は、どんな走りを見せるのか? そのプロトタイプにドイツで試乗した。

際立つ品のよさ

「正統派スーパースポーツ」。プロトタイプながら、ほぼこの姿で市販化されるという「レクサスLFA」を眺めてまず、そう感じた。伸びやかなノーズ、キュッと締まったリアエンド。ドライバーの着座点はその中央だ。FRとして均整のとれたフォルムであり、前後重量バランスの良さそうな印象を与える。

眼光は鋭く、テールエンドにラジエターグリルを配するなど、独特のディテール処理をみせるものの、虚飾は感じない。オドロオドロしさこそが個性といわんばかりのライバル勢に比べ、実に上質な気品が感じられる。ここでいうライバルとは、「フェラーリ599」や「シボレー・コルベットZR1」のことだ。

その雰囲気はインテリアにも漂っていた。ドライバーを包み込むのは、肌触りのいい本革。カーボンがそこに攻撃的な“アクセント”を加える。いたずらに戦闘的な気持ちにさせるものではないのだ。まるで自分専用にあつらえたモノのように、座った瞬間からシートがピタッと体に馴染む。

LFAのサイドビュー。ボディの材質にはカーボンを多用し、スチールボディに比べ100-150kgの軽量化を実現したという。
LFAのサイドビュー。ボディの材質にはカーボンを多用し、スチールボディに比べ100-150kgの軽量化を実現したという。
運転席まわりは、ドライビングはもちろん、V10エンジンのサウンドをより美しく伝えられるような形状と材質が選ばれている。
運転席まわりは、ドライビングはもちろん、V10エンジンのサウンドをより美しく伝えられるような形状と材質が選ばれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LFAの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る