第16戦ブラジルGP決勝結果【F1 09 速報】

2009.10.19 自動車ニュース

【F1 09 速報】第16戦ブラジルGP、バトンがワールドチャンピオンに!ブラウンGP初年度にダブルタイトル獲得

F1世界選手権第16戦ブラジルGP決勝が、2009年10月18日、ブラジルはサンパウロにあるアウトドローモ・カルロス・パーチェ(通称インテルラゴス/4.309km)を71周して行われた。

ポイントリーダーのジェンソン・バトンは、14番グリッドから順位を挽回し5位でゴール。デビュー10年目のイギリス人ドライバーは、最終戦を残し自身初タイトルを獲得した。同時にブラウンGPはコンストラクターズタイトルを手中に収め、参戦初年度に見事ダブルタイトルを決めた。

レースはレッドブル・ルノーのマーク・ウェバーが制し、今季2勝目をマーク。2位はBMWザウバーのロバート・クビサで今年初表彰台、そして3位には予選17位から追い上げてきたマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが入り、2008年チャンピオンとしての存在感を顕示した。

タイトル争いに敗れた2人のうち、レッドブルのセバスチャン・ベッテルは15番グリッドから4位。バトンのチームメイト、ルーベンス・バリケロは、母国で奮起しポールポジションからスタート、序盤をリードしたがその座を守り切れず、最後はスローパンクチャーで緊急ピットインをしいられ8位でフィニッシュした。

フェラーリのキミ・ライコネンは6位、トロロッソ・フェラーリのセバスチャン・ブエミ7位が入賞に成功。以下、9位ヘイキ・コバライネン(マクラーレン)、10位小林可夢偉(トヨタ)、11位ジャンカルロ・フィジケラ(フェラーリ)、12位ビタントニオ・リウッツィ(フォースインディア・メルセデス)、13位ロマン・グロジャン(ルノー)、14位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)が完走した。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。